フォト

さくら

2007年5月 5日 (土)

坐骨

ジャイロトニックで気付いたことを、色々試してみる。

今まで足を使うときに、股関節の中心を意識して、そこを車輪の中心として使っていたのだけれど、足のイメージのポイントを変えてみた。坐骨から足を使うイメージで動いてみる。

坐骨、恥骨を起始とする筋肉郡は、長内転筋、大内転筋、短内転筋などなど、大腿部の内転筋郡だ。大腿を身体の中心側にひき付ける働き(内転)をする。

股関節から、坐骨まで、ほんの数センチイメージを移すだけなのに、内転筋が主導として働き出すので、蹴りのブレがなくなって安定する。

いい感じ、いい感じ。しかし、私、なんて内転筋弱いんだ~って気が付く。苦笑

このイメージでしばらく生活すれば、トレーニングとかしなくても、内転筋が付いてくるはず。

今日も、いかに練習しないで、上達するかに命かけてます。笑

2007年5月 2日 (水)

ちょっと不機嫌です

日曜日は、空手の大会でした。○○区の大会は、都内の試合でも異色と言われている大会です。参加人数今年は850人という結構な人数で、体育館が狭苦しい。大学の全国レベルの空手部が、名前を伏せて参加してくるので、他の区の大会とは、ちょっと雰囲気が違う。


で、Mちゃ♪優勝のおっきなトロフィーもらっちゃいました~。

なあんて言うと、かなり凄そうでですが、実は全然凄くない話し。(思いっきり苦笑)

Mちゃ♪のエントリーしているのは、女子シニア・マスターズ部門。試合前に全員入賞、確定っ!って人数の試合でした。(大爆)ゆ、ゆるすぎる。

組手のほうは、ちなみに3位だったんだけど、こちらも参加人数一桁。。。


試合後にO師範が、「A井ちゃん、形優勝しちゃったのぉ?」(完全に「まぢ?」って言う顔。)
「形、何やったのぉ~?」
「セイシャンとチントウですけど・・・。」
「・・・」(言外:おまえのセイシャンとチントウでかよ~?)
「し、師範~、その白目むくのは止めてください;;」

で、シニアのトロフィーと賞状って、一般部門のよりも大きくて立派なの。賞状も一般だと「栄光をたたえて」って書いてあるんだけど、シニアだと「継続の尊さを」って文面も変わるの。完全に、年寄りをいたわるって感じよね。。。


そうか。年寄りだから、いたわられちゃうのか~。アタシ。。。これ見よがしにピカピカのおっきなトロフィーを前にかなり落ち込む。たとえ入賞出来なかったとしてもいいから、「有段女子」の部に出たい。力が付いてるのか、付いてないのかも、これぢゃ全くわからんですわ。。。(TT)


スポーツの世界で、ふつうだと完全に年寄りだからいたわられちゃう年齢かもだけど、こちとら世間の常識を覆す大逆転方法を探ってるんだからね~っ。いつかきっと「ありえ~んっ!」って言われる、婆さんになってやるのさっ。ふんっ。

2006年9月15日 (金)

廻し蹴り~♪

空手の稽古。初めてO師範が納得してくれる廻し蹴りができた。蹴りに腰が乗るってこういうことかっていうのが、生まれて初めて体感として感じられる。腰が飛ぶ感触。腿が軽い。ミットが「ズバッ!」って、いままで立てた事のない音がする。

うれしいよ~~~ん(TT)v

たしかに私は柔軟性は高いので、ダンスのごとく上段のポジションに蹴りのポーズでコントロールしてピタッと止まったりすることは出来た。要するに見た目的にはかっこいい位置に廻し蹴りをすることは出来る。しかし、実際の威力がないのは自分でも良くわかっていた。

師範には
「何でこれだけ柔軟で、これだけ完璧な上段位置に居られるのに、なんで体重が乗らないかな~~(--#)」って言われ続けてはや数年。やっと自分で納得できる威力が足に乗るようになった。わ~い、わ~い、わ~い。
やっと武器になった~。


Mちゃ♪がやったこと。

「大腿直筋」と「股関節」と「仙骨」を脱力させるためのセルフマッサージをここのところ毎日かなり熱心にやっていた。これが効いた感じがする。

後は「次元」を超えるための「イメージ力」かな~。これも効いた感じがする。

空手の練習なんて全然やってない。。。笑

出来ないと出来るの差は、結局基本的な身体の状態のレベル差なのだなあと実感する。

「脱力」すべき場所の「脱力」あるのみだ。

硬いところに「気づく」しかない。気づいたら緩める。気づいたら緩めるの繰り返し・・・。ラッキョの皮をむくみたいな感じだけどね。笑

2006年8月 1日 (火)

空手合宿-その2

夏合宿は、毎年基礎力UPと形の訓練を中心にやっています。今年は、平安(ピンアン)初段と弐段をきっちり見直すと言う内容。競技の申し子みたいなウチの先生まで、こんなことを言い出すなんて、界隈で流行ってるのかな。笑 
良いことなんで、良いのですけど。

実際、色々確認できて面白かったです。「仮想敵」を以前よりは確実にイメージ出来るようになって来ました。「仮想敵」を完全にいるものとして捕らえるのって、完全に右脳のトレーニングだよね。武道の訓練って、人間の機能を100パーセント鍛えるためのHow Toがすべてそろっている。やっぱり戦うためだけの技術だけでないものが、完全に隠されていると思う。

2006年7月31日 (月)

ありえない合宿www

空手の夏合宿に行ってきました。空手の合宿と言うと、一日空手三昧で、ズタボロになって死んだように眠る。食事は、当番でカレーとか焼きそばを作るっていうような、じみ~で辛くて汗臭い大学の学連系合宿をイメージすると思いますが、ウチの道場の合宿はぢぇんぢぇん違うのです。笑

ウチの道場の師範の弟弟子にあたる先生が、神奈川県に数店舗を持つ料亭の社長をしてらっしゃいます。その先生のご好意で、合宿は毎年その一つ伊豆にある温泉旅館が宿泊場所となります。稽古は、もちろん小学校の体育館を借りて、きっちり稽古はするのだけれど、三食すばらしくおいしいお料理と、毎稽古ごとに源泉かけ流しの温泉に浸かれると言うありえない合宿。笑
大人数の合宿なので経費節約のため、紙の皿とプラスチックの使い捨てカップに乗せられて出てくるものの、うつわを変えたら、けっこうな金額のお料理になってしまう代物なのです。夕ごはんはすばらしいお刺身の船盛だったり、朝ごはんからまぐろの大きなカマが大皿で出てきてしまったりします。

というわけで、どんなに厳しい稽古をしたとしても、毎年1kg太って帰ってくる羽目になるのだ。ありえない・・・;;。


深夜に抜け出して、人一人いない静かな温泉に浸かる。まわりにライトのない真っ暗な山中は、降るような星空。集団生活を忘れてしまうような、静かな時間と空間をも満喫して、ありえない合宿の3日間を過ごしたのでした。笑

あ・・・空手のことなんも書いてない。。。

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ