フォト

さくら

« 気付きのワーク「バルーン・メソッド」セミナー | トップページ | ★気づきのワーク「バルーン・メソッド」【4/12】セミナー[告知] »

2014年2月19日 (水)

偽ベートーベン事件【考察】

連日、報道されている、偽ベートーベンとゴーストライターの事件。
音楽にかかわる身としては、思うところを書いておかないとなあと
思わされる事件でした。


そもそもねー、プロの作曲家だったら、海や自然を眺めてインス
パイヤーされて、曲を書くなんて人は、いないと思ってよいです。

海を眺めて、曲のイメージを・・・なんて言っている人がいたら、
その時点でシロートだと思ってよいですよ。笑

プロの作曲家は、締切に迫られて、部屋に缶詰になって、
もうだめかもぉぉぉcrying って生みの苦しみで、無理やりモチー
フを絞り出して、あとは技術で何とかするって言うのが大半で、
のんびり海見に行っている暇なんぞ無いんです。笑


ドキュメンタリーで、海眺めている作曲家がいたら、私なんて
その段階で、「いんちきくさーっ。」って、思いますけどね~。gawk
音楽に実際関わってない一般の人は、だまされちゃうんです
かね~。その方が、ドラマチックでカッコよさ気に見えますから
ね。締切でウンウンいって、ええい、もうこれでいいや、70点
だけどしょうがないとか言って、音楽が生み出されているなんて、
あんまり皆、知りたくないでしょうしねえ。catface

私はクラシック系のミュージシャンではありませんが、現代音楽
にかかわっている多くのミュージシャンは、今回話題の中心に
なった実際に作曲していた新垣さんについては、本当に他人事
ではなく感じている方が、多いようです。


音楽と言う世界は、エンターテンメントと、アートの二種類が、
まぜこぜになっています。そしてそれぞれをきっぱり線引きする
のも非常に難しいという事実もありますし。


エンターテインメントの世界では、ゴーストライターなんて、珍し
くもない事です。ブランドのサポートスタッフとして、技術職として
仕事をふつーに請け負っているという感じでしょう。


たとえば、有名な作詞家さんだったら、その人のネームバリュー
が「ブランド」として存在して、その人のもとに集まっているスタッフ、
アシスタントさんがブランドイメージのもとに、細かい仕事をこなして
いるという事もあるでしょう。商売として大量に「商品」を売るために、
デザイナーや画家でも自分の工房として、チームで仕事をしている
というのは、ふつ―の事だと思います。まあ、さすがに最終チェック
は、トップがちゃんとやると思いますが。


「アート」の場合は、その作家の生き様であり、ライフワークなので、
それがお金になるかならないかは、二次的な問題なのです。そりゃあ、
誰でも売れた方がうれしいと思うでしょうが。。。でもそれば、作り出す
ものの質を理解してくれる人が増えれば嬉しいという事であって、それ
で大金を稼ぎたいというのとは大分違います。「アート」としての音楽を
やっている人だったら、いくらブレイクしたとしても、そのルックスや
ドラマチックな生い立ちなど、音楽そのものの質とは全く関係のない
もので注目されて、音楽そのものの質もわからない人々にいくら売れ
たとしても、あんまり嬉しいとは思えないのではないかと思うのです。


クラシックの世界では、ゴーストライターはさすがに生まれづらい世界
だったので、関係者に与えたショックは大かったと思いますね。苦悩の
人生ドラマと、もっともらしい曲タイトルに結構な方々が、まんまとだま
されちゃったって言うのも、情けないしね。


今回何が問題だったかと言うと、悪徳プロデューサーが、身体障害や
被爆二世と言った事を、売るためのテクニックとして利用したこと、
身体障害を偽装して詐欺をしたという事、そして、自分の売名のため
に、他人の作品を利用したという事ですよね。


ゴーストライターに関しては、最初から、チームで作品を作っていると
公表して仕事をしていたなら、問題にならなかったかと思います。
こんなに売れなかったかもしれませんけどね。。。think
なので悪徳プロデューサーに、良いようにこき使われてしまった、
作曲家の新垣隆さんに関しては、非常にお気の毒に感じます。


私ごとですが、
「凄いっっ!だけどエンターテインメント性は皆無の音楽!!」と、
いろんな評論家に評論されづつけて音楽やってきました。
ずーっとです。。。(^^A


これでも聴く人に解ってもらうために、私なりには気は使っているん
ですよ。それにもかかわらず大手のレコード会社の人に、「もっと
わかりやすくなりませんか~?」なんて何度もしつこく言われると、
みぞおちに前蹴り蹴り込んでやろうか?angryと本気で思ったりします。


まあ、最近はもう、そういう人達とは、ほとんど関わっていないので、
良いのですが。confident


エンターテインメントの「商品」としての音楽と、アートとしての
音楽が、横並びでごちゃ混ぜに存在するから、無理があるん
ですよね。聴く側の人間も、違いをきちんと把握して、「エンター
テインメント」と「アート」が上手く住み分けられたら良いのですが。


私としては、ひとまとめで、「音楽」ってくくるのは、やめてもらえたらと
思うんですよね~。


===========================
bell次回LIVE
■2014年3月8日(土) 19:30~
荒井皆子(Voice)&Shezoo(Piano)DUO@横濱エアジン
http://homepage2.nifty.com/arai-m/information.html
===========================


人気ブログランキングへ

bellセミナー・ヴォイストレーニング・リズムトレーニング・身体調整・
 
メンテナンスご希望の方は、am-bmine●nifty.com ●を@に
 
置き換えて、メールにてお問い合わせください。

.:*'..:*:'゜☆.:*'..:*:'゜☆.:*'..:*:'゜☆.:*'..:*:'☆.:*'..:*:'゜☆.:*'..:*:'☆.:*'..:
★荒井皆子VOICEルーム
http://homepage2.nifty.com/arai-m/
★荒井皆子ヴォイストレーニングstudy
http://homepage2.nifty.com/arai-m/voicetraining.html
★ 身体メンテナンス&メンタルトレーニング・レッスン
http://homepage2.nifty.com/arai-m/body-meintenance.html
★☆目からウロコ【リズム&グルーヴ】研究室
http://mcharythm.blog31.fc2.com/
.:*'..:*:'゜☆.:*'..:*:'゜☆.:*'..:*:'゜☆.:*'..:*:'☆.:*'..:*:'゜☆.:*'..:*:'☆.:*'..:*:

« 気付きのワーク「バルーン・メソッド」セミナー | トップページ | ★気づきのワーク「バルーン・メソッド」【4/12】セミナー[告知] »

音楽」カテゴリの記事

コメント

うめさん>
無いでしょ~笑
>新聞テレビでも話題沸騰!
この段階で、そーとーイカガワシイ感じがしますね。笑 

何万人もの人間が、皆が皆、おんなじ音楽を聴いて
「すばらしい!」って言うのも、何かおかしい気がしますね。
洗脳です。洗脳っっ!

う〜〜ん、いいねえ。
 ってことは、

いま、新聞テレビでも話題沸騰!あっと驚くエンターテイメントてんこ盛りの実力派!!遅咲きの大型新人、新井皆子、あの天才が遂に登場〜〜〜〜っ。
 いよっ11まってましたぁ〜〜〜〜〜!!!!

 ってことにはなんないよ〜〜〜っ!
ってことかい?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124204/59160428

この記事へのトラックバック一覧です: 偽ベートーベン事件【考察】:

« 気付きのワーク「バルーン・メソッド」セミナー | トップページ | ★気づきのワーク「バルーン・メソッド」【4/12】セミナー[告知] »

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ