フォト

さくら

« 本日は新宿ピットインです! | トップページ | NHK講座「ジャズがわかる」(その2) »

2010年8月25日 (水)

NHK講座「ジャズがわかる」(その1)

NHK文化センターの講座
「ジャズがわかる」(3回シリーズ)

横浜エアジンのオーナー うめもとさん が講師と言う、ジャズ講座の 第3回最終回。
プレーヤーのゲストとして、ピアノの板倉克行さんと私が、トークと演奏で参加しました。

第一回目は、ピアノの市川秀男さんによる、デキシーからモダンジャズ。
第二回目は、Saxの山口真文さん他による、モダンからフュージョン。

市川さんは、ジャズって言うのは、インプロビゼイション、アドリブが命って話を主にされたそうで、真文さんの回は、ジャズのコード進行とそのリハーモナイズについて進められたらしい。


一言でJAZZといっても、本当に幅が広いし、興味はあるのにどこから手を突けたらよいのか分からないと言う人達に、スタイルの違うミュージシャンたちの話と演奏を聴きながら、ジャズを聴くためのとっかかりを探していこうという企画。


前回までの復習をさっと梅さんが、解説してから、第3回目のテーマに突入。今回の第3回目は、前回までの2回えた上でさらにジャズがら現代インプロジャズについて。


大雑把な打ち合わせをちょっとしただけで、本番がスタート。
前回2回の講義を聴いてきた人達を踏まえて、最初に導入で BLUE MONK。かなりアバンギャルドなアプローチだけど、とりあえず ブルースだし。まずは聴きやすいところからスタート。
自己紹介代わりに1曲演奏してから、トークに突入。


ミュージシャンは、アドリブで即興しているときに、どんなことを考えて演奏してるのか?とか、海外での演奏の話とか。フリーインプロを聴くためのとっかかりのポイントは何か?とか梅さんが、ミュージシャンに色々話を振って行く。

笑いありの楽しい、トークとなりました。


最後の30分、LIVE。スタンダードや板倉さんのオリジナル現代詩即興などを混ぜつつ、演奏。いろいろなおしゃべりの中で、聴き方のポイントなど解説して行ったので、みなさん過激な即興演奏も、楽しんで聴いて下さったようで、客席と良い一体感も生まれ、良い空間になりました。


あまり普段、プレーヤーが自分の考えていることをこんなに、色々話すことってないので、私自身新鮮で楽しかったです。

受講者のみなさん、かなり満足していただけたようで、やれやれ良かったです。

« 本日は新宿ピットインです! | トップページ | NHK講座「ジャズがわかる」(その2) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日は新宿ピットインです! | トップページ | NHK講座「ジャズがわかる」(その2) »

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ