フォト

さくら

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月29日 (日)

久しぶりに【絵夢茶FANTASY】演ります! 9/13

絵夢茶♪の最強精鋭部隊です!!あらゆるジャンルをまたにかけ、宇宙を自在に翔ける、スーパーコンテンポラリー・バンド。ぜひぜひ、ご一聴下さい!!

flagマンデイナイト・スペシャルチャージです。このメンバーをこの金額で聴けることは、通常ありません。この機会に、ぜひぜひぜひぜひいらしてください


★ ─────────────────── ─ ─ ─ ─ - -

bell■9月13日(月)■ 横浜エアジン <>
マンデイ・スペシャル
shine【絵夢茶♪FANTASY】shine荒井皆子GROUP
荒井皆子(Voice)、スガダイロー(Piano)、加藤真一(W.Bass)、岡部洋一(Percussion)
【予約・問】045-641-9191 【LIVE Time】19:30~/ 21:00~
【Charge】 1,500円+Drink代

- - ─ ─ ─ ─ ─────────────────── ★


すごい久しぶり。なにしろ多忙なミュージシャンばっかりで、
スケジュールがなかなか合わないんです。なので、最近はこのバンドは
年間3、4回位しかライブが出来ません。


過激さでは、今のところ日本随一のピアニスト。スガダイロー君。「渋さシラズ」のメンバーの他、最近は、山下洋輔さんとピアノ競演なんかしたりもしてて、ご活躍中。
ドラムマガジンなどでも、しばしばカラーページに登場する、日本では屈指のパーカッショニスト、岡部洋一さん。
加藤真一さんもあちこち引っ張りだこの実力派超売れっ子ベーシストなんで、なかなかつかまらない。


なかなかそろわない強力メンバーLIVEですので、ぜひお聴き逃しなく~!!happy01

BLUE Ocean

昼は、横浜でNHK講座。終わってから、中華で、中打ち上げ。
ううっ、まだ、次の演奏があるから、ビール飲めないのが辛い。

夜は、エアジンでLIVE。


板倉克行さんのGROUP。3ベース&今回は、ヴォイスは2名。


板倉さんの現代詩は、面白い。

映像が、瞬間的にどんどん変化していく。
板倉さんの詩はどれも、昼間の光の中にある。
自然がいっぱい。

ノードラッグで健全なのに、薬中の人の脳内映像。
トリップ感が、気持ちいい。

ちょっと懐かしい、昭和の空気のニオイとか。
ものすごく感覚的で、サウンドが心地良い。

この日は、私は、「BLUE OCEAN(青い海)」と言う詩と「ニンゲンの子」
と言う詩を、メインで演奏させてもらった。

永遠の少年(つ~か、ちっちゃい子)みたいな感性の、板倉のぢっちゃん音楽。毎回楽しくて、いつも新鮮な気分で演奏させてもらっています。

ナチュラル、ラリラリ・・・。ラリラリラア~~ン。

板倉克行GROUPの次回LIVE
9月27日(月) 横浜エアジン 
板倉 克行(pf)、荒井 皆子(vo)、神田 綾子(vo)、
田嶋 真佐雄(b)、カイドーユタカ(b)、金剛 督(sax)
神奈川県横浜市中区住吉町5-60
【予約・問】045-641-9191【LIVE Time】19:30~/ 21:00~
http://www.airegin.jp/

2010年8月25日 (水)

NHK講座「ジャズがわかる」(その2)

講座の中で、私が話した話を一つ。
ジャズというカテゴリーを越えて、音楽論になってしまったのだけれど。


最近はCDもどんどん売れなくなってきているし、PCでダウンロードして、聴くというのが主流になってきています。小さなヘッドフォンで音楽を聴くのが、音楽を聴くことだと思ってしまっている若い人達がふえつつあるのだけれど、これがどれだけ実は危険なことなのかって言うこと、音楽を「聴覚」のみで聴くものだと、勘違いしてしまっている人達が増殖していることへの危機感を、私は感じていると言う話をしました。

そもそも、音質の良いといわれているCD自体、ヒトの聴覚の可聴範囲とされている周波数帯域外の高周波低周波が、カットされて録音されたものであって、「自然」の音とは既に違うものになっています。このカットされている周波数帯域に実は音楽に重要な深みと繊細さの部分が含まれているのです。現代の感覚の鈍った人々には、不要なものでしかなくなってしまっているのでしょうか。

CDでさえそうなのですが、ダウンロードすると言う作業の効率化データ量を抑えるということもあって、ダウンロードで聴くいている音楽は、CDよりもさらに音質が悪いんです。質の悪いものになれきっていくと、どんどん感覚は鈍るのだけれど、ど真ん中にいる当事者達は、全くきづかないで、与えられた音楽に洗脳されて行きます。

音楽は「耳」だけで聴くものではないのです。科学が勝手に決めた可聴範囲とする周波数帯域のみの、大雑把で雑な部分のみで、聴いているわけではありません。
床からの振動、空気の振動、壁にぶつかって跳ね返った響き、演奏者の息遣い、場の空気感、そんなものを全身の5感さらに6感を総動員して感じるのが、音楽なんです。でもそれが分からないヒトがどんどん増殖してきてしまっています。
コンビニエントでお手軽な生活が送れる中で、失ってきたものは、人間としての身体感覚と感性に他ならないのです。


お手軽で便利で安いのは確かだけれど。でも、カップラーメンだけ食ってたら、いつか大変なことになりますよ。小さなヘッドフォンで、質の悪い音楽を聴き続けていくのもまさにそんな感じです。


たまには、自分の感性すべて総動員して、音楽を聴いてみて欲しいんです。

と、そんな話をした訳です。

最後に30ほどのライブをしたのですが、ちょっと意識してくれただけで、受講者の方たちが、明らかに細かい波動や倍音を耳だけでなく、全身で受け取ってくれていたのが分かり、とってもうれしかったのでした。

まだまだ人間捨てたモンぢゃないかもって、思わせてくれた素敵な時間でした。

どうもありがとう。

NHK講座「ジャズがわかる」(その1)

NHK文化センターの講座
「ジャズがわかる」(3回シリーズ)

横浜エアジンのオーナー うめもとさん が講師と言う、ジャズ講座の 第3回最終回。
プレーヤーのゲストとして、ピアノの板倉克行さんと私が、トークと演奏で参加しました。

第一回目は、ピアノの市川秀男さんによる、デキシーからモダンジャズ。
第二回目は、Saxの山口真文さん他による、モダンからフュージョン。

市川さんは、ジャズって言うのは、インプロビゼイション、アドリブが命って話を主にされたそうで、真文さんの回は、ジャズのコード進行とそのリハーモナイズについて進められたらしい。


一言でJAZZといっても、本当に幅が広いし、興味はあるのにどこから手を突けたらよいのか分からないと言う人達に、スタイルの違うミュージシャンたちの話と演奏を聴きながら、ジャズを聴くためのとっかかりを探していこうという企画。


前回までの復習をさっと梅さんが、解説してから、第3回目のテーマに突入。今回の第3回目は、前回までの2回えた上でさらにジャズがら現代インプロジャズについて。


大雑把な打ち合わせをちょっとしただけで、本番がスタート。
前回2回の講義を聴いてきた人達を踏まえて、最初に導入で BLUE MONK。かなりアバンギャルドなアプローチだけど、とりあえず ブルースだし。まずは聴きやすいところからスタート。
自己紹介代わりに1曲演奏してから、トークに突入。


ミュージシャンは、アドリブで即興しているときに、どんなことを考えて演奏してるのか?とか、海外での演奏の話とか。フリーインプロを聴くためのとっかかりのポイントは何か?とか梅さんが、ミュージシャンに色々話を振って行く。

笑いありの楽しい、トークとなりました。


最後の30分、LIVE。スタンダードや板倉さんのオリジナル現代詩即興などを混ぜつつ、演奏。いろいろなおしゃべりの中で、聴き方のポイントなど解説して行ったので、みなさん過激な即興演奏も、楽しんで聴いて下さったようで、客席と良い一体感も生まれ、良い空間になりました。


あまり普段、プレーヤーが自分の考えていることをこんなに、色々話すことってないので、私自身新鮮で楽しかったです。

受講者のみなさん、かなり満足していただけたようで、やれやれ良かったです。

2010年8月 4日 (水)

本日は新宿ピットインです!

本日は、「新宿ピットイン」。
板倉克行さんのグループ【FAIRY TALE】に参加します。

ベース3人、ヴォイスが今回は4人、と言う変則バンド。
板倉さんのオリジナル「現代詩」をモチーフに、<<即興>>で演奏します。
詩の不思議な世界観が楽しいです。

ヴォイスは、絵夢茶♪以外は、若手のミュージシャンです。ロック畑の人達もいるし、どんな感じになるでしょうね。
私も、行ってみないとどうなるのか良くわからんのです。笑

何が起きるか、楽しみです。たぶん、面白いよ!happy01

■8月4日(水)■ 新宿ピットイン 板倉克行(piano)GROUP:
荒井 皆子(vo)、神田 綾子(vo)、おちょこ(vo)、ハリコ(vo)、レオナ(TAP DANCE)
日野 了介(b)、カイドーユタカ(b)、田嶋 真佐雄(b) 、成瀬信行(舞踏)
新宿区新宿2-12-4アコード新宿B1  
【予約・問】03-3354-2024    【LIVE Time】20:00~/ 21:30~
【Charge】 3,000円(1Drink付)
 

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ