フォト

さくら

« ライブ@エアジン 12/11の日記 | トップページ | 2010年最初のLIVE@横浜 »

2009年12月24日 (木)

身体操作セミナー 12/13の日記

バスに乗って、世田谷総合運動場へ。

毎回参加の方も結構増えてきました。この日は、ミュージシャンは3名だけ。武道家さんが5名。今までに何回もリピーターで着てくれているI君が、彼のお母様と、奥さん、それからよちよち歩きのベビーと、ご家族そろってご参加いただきました。

今回初めて参加して下さったのは少林寺拳法の5段のSさんと、もう一方3段のKさん。彼らの先生が、違う刺激を入れてくると良いだろうと薦めてくださったそうです。いい先生ですよね~。
N君やI君の師匠の心意六合拳師匠のF松先生も、いつもご自分のブログでこのセミナーのご紹介をして下さって、お弟子さん達にも紹介してくださっているし、ありがたいですね。


最初に私やコウレイさんがやっていることの、全体イメージと目的を説明しました。
歌を歌ったり楽器を演奏したり、武術をやったり、スポーツをしたり、生活の中で使うすべての身体活動の、その前の状態を整える作業をしているのだということ。
建物を建てる前の「基礎」を作る作業なのだということをお話しました。

いい加減な「基礎」の上に、建物を建てても、いつの間にやらゆがんでつじつまが合わなくなったり、震度5程度でも一気に崩れるなんてことが起きてくる訳で。BASSの部分が質の良いものであれば、幾らでも高い塔も建てられる訳です。

ただ身体が柔らかくなりました、インナーマッスルが起こせました、メデタシメデタシなのではなくて、何のためにこんな事をやっとるのかってことを、解ってやっていただければ、それぞれのパフォーマンスUPに繋げていただければ、うれしいと思っています。


いつもの流れで、私のバルーン法の基礎の全身呼吸法と、5個6個のバルーンで身体の内側を見ていく。全身満遍なくほぐす。

今回は、武道家さんが多いので、ラテンダンスはやめにして(笑)、
股関節の位置の確認と、2軸の正確な位置、肩甲骨の稼動の確認と、簡単な肩関節を柔らかくするインナーマッスル・トレーニングの紹介をしました。


う~ん。時間オーバー。REYさん。ゴメンね。

休憩を挟んで、REYさん。にバトンタッチ。

REYさんは、4スタンスによるグループ分けをしてから、それぞれに合った身体の使い方を解説しながら実際に動いて行きました。リピーターさんが多かったので、いつもの連動の体操はさくっと説明して次へ進みました。


足の力でなく腸腰筋を使って足を動かすっていう実験を2人づつやる。
腸腰筋を動かすっていうのが、なかなか出来ない人に、
「下腹部バルーンをこの方向に転がしてみて。」って、サポートで声を掛けると、簡単に出来ちゃったりするので、面白い。
右脳イメージ力が強い人は、バルーンの方がやりやすいと思うし、左脳で理解するタイプの人は、腸腰筋を動かせっていうほうがやりやすいかもしれない。

最終的には、両方で理解できるのがベストだけど、初めは自分の中でやりやすいほうからアプローチするのが良いと思いますね。REYさんのレクチャーと絵夢茶♪のバルーン法と、セットでセミナーやるのは、非常に意味が深いなあと改めて思いました。


ああ、しかし、やりたいことは一杯だし、紹介したいネタが多すぎて、時間がたりないですね!


最後に30分、絵夢茶♪のストレッチとリラクゼーション。ゆったり全身を「均等」に整えて終わり~!


初めてご参加の方も、
「身体の中のまだ使っていない部分がこんなにあるのかっていうのに、驚きました~。」っと言っておられました。人それぞれ、色々な発見をしていただけたのではと思います。


ご参加の皆さん、お疲れ様でした。

次回は、来年2/27(土)で

« ライブ@エアジン 12/11の日記 | トップページ | 2010年最初のLIVE@横浜 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ライブ@エアジン 12/11の日記 | トップページ | 2010年最初のLIVE@横浜 »

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ