フォト

さくら

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月23日 (水)

ニューヨーク日記(その3)

Web10omi


私は、NYでの2回のコンサートのために作られたバンドの、6バンドに参加しました。全部で14バンドあるため、コンサート前二日間は、朝から晩まで、何時から何時まで何処で、誰々のバンドリハと言う具合に、きっちりスケジュールが決められて、みんな自分の参加するバンドのリハを、今度はあっち、今度はこっちと、ピアノのある3個所のリハーサル場所を行き来します。最後の二日間の一バンドあたりのリハーサル時間は、一日50分のみ。。。この時間内に完成度を上げなければいけないので、なかなかタイトなのでした。 Mちゃ♪GROUPは、全員に参加してもらい、向うに行ってから書いた曲を
発表しました。五線譜に書いたモチーフを使って、五線譜とビジュアルスコアがまぜこぜになっていると言う新しいアイデアを使った新曲。

1回目のコンサート直前ギリギリまで、ここをああしてくれこうしてくれって、メンバーにお願いして歩いていて、大丈夫かぁぁぁって感じだったのですが、1回目のコンサートが、奇跡的なまでの完璧な出来となりました。皆ホントに良い形で一つにまとまったし、とてもリラックスして集中してたし、ちょっと感動的なまでの出来。終わってから、メンバーが皆コングラッチュレイションって!!言って喜んでくれたのでした。


2回目のコンサートは、ライブレコーディングということもあり、私も含めて皆、少し硬かった。1回目の出来が良すぎただけに、いくつかのミスがとても悔やまれました。でも私の表現したいものは、伝わったと思うのでまずまずと思う事にしないと。ううっ、でもちょっと悔しい。。。


会場には、沢山の関係者や、NY在住のアーティストやミュージシャンが沢山ゲストに来ていて、コンサート後に沢山の方に声を掛けていただきました。アイデア色々変化の有る曲だったので、聴いている人は結構楽しかったと思うの。(^^)沢山の方達に、wonderful!って言っていただけて、うれしかったです。 


ほんとにすばらしい、ミュージシャンの仲間に出会えて、幸せでした。
今回出会えたすべての人達に、深く感謝しています。ありがとう!!heart04


写真をアップしましたので、アルバムをのぞいてみてね。
http://m-cha.way-nifty.com/photos/new_york_20097/index.html

ニューヨーク日記(その2)

イタリアからの参加者、Angeloの企画で、ビジュアル写真を撮る事になった。彼は、ミュージシャンというより、舞台のトータル・プロデュースを仕事としている人だ。
空間全体を、音もビジュアルも含めてプロデュースすると言うアーティストは、日本では、まだあまり見掛けないけど、ヨーロッパやアメリカだと、結構いるみたい。

彼は、プレーヤーとは違い、時々パフォーマンスも含めてのとんでもないアイデアが飛び出すので、結構私としては新鮮だった。

Angeloは、一人一人の部屋を回って、皆のクローゼットを覗き込み、それぞれのワードローブから、これを着るようにと、一人ひとりに洋服を指定。それから、着ないけど色味として使うためにあと何枚かの洋服と、部屋にあった小物やら楽器など、これも持って来てくれと指定。


で、
こんな楽しい、写真作品になりました。

photo: Ross Willows Director: Angelo Sturiale  
090730_angelos_group_11000669

ニューヨーク日記(その1)

090730_omi

音楽三昧の日々。本当に世界中から、コンテンポラリーミュージックをやっている、プロの面白いミュージシャンが集まって来ました。
いや~、こんなに沢山世界中から選りすぐりの、ヘンな人々(現代アーティスト)が、集まるなんて、なんてステキ!!


今年のメンバーは、アメリカ人が3名、イタリアから2名、カナダ、ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、オーストラリア、ドイツ、ポーランド、韓国、日本、から一人づつと言う顔ぶれ。14名。あとゲストプレーヤーのピアニストSoo(韓国)と、ディレクターのJeffryを加えて、ミュージシャンは16名でした。

グローバル・ミュージックを創るという理念に共感して集まってきたミュージシャンばかりなので、皆個性的なんだけど、本当に人間的にもすばらしい人たちばかりで、凄~く楽しい共同生活と演奏になりました。


自己紹介として、お互いのCDや作品を聴きあうと言うミーティングが最初あって、
「絵夢茶FANTASY」のライブ録音を聴かせたら、凄いウケまくり~。www
皆が、Mちゃ♪のVoiceと創る曲を、あめいじんぐっ!!、こんぐらっちゅれいしょん!あなたの音楽、大好きっ!!って言ってくれて、うれしかったわん。


アート・レジデンシーに滞在中は、基本すべて自由。
演奏したいときに、演奏したい人と、演奏すればよし。
やりたくなければ、やらなくても良いし。
今日は、一日一人で曲作りがしたいと思えば、それも良し。。。
そんな感じ。

前半は、日々そこここで、数々のセッションが自然発生。
いろんな組み合わせで、ホントに沢山の演奏が生まれました。


後半は、最終コンサートに向けての準備がはじまりました。14人のメンバーは、一人1つバンドを作って、一曲づつコンサートで演奏します。皆、自分が一緒に演奏したい人に、声をかけて、それぞれ曲を練り始めます。


Mちゃ♪のGROUPは、全員に参加してもらう事に。ホントに皆と演奏したかったので。というわけで、15人編成のコンテンポラリー・ビックバンドを作りました。私は、自分のバンドでは、歌わないでコンダクションのみです。

歌は、他の人のバンドで色々聞いてもらえるので、自分のバンドでは、私のやろうとしていること、自分の曲、全体のサウンドを聴いてもらう事のみに、専念しました。

私は、コンサートでは6バンドに参加しました。コンサート直前のリハが、忙しかった。


Mちゃ♪のイマイチの英語力にもかかわらず、皆、私のやろうとしていることを一生懸命理解しようとしてくれて、ホントに良い作品になったと思うので、とてもうれしかったです。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ