フォト

さくら

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月19日 (日)

NYへ行ってきます~♪

渡米直前で、ただいまバタバタ。

ニューヨークにあるアートセンターの研究員のオファーをいただいたので、一月ばかりニューヨークへ行って来ます。
世界中から14名のアーティストが選考を通過しました。
日本からは私一人だけです。

世界中から様々なバックグラウンドのプロのコンテンポラリー・ミュージシャンたちが集まるようで、既成概念にとらわれない面白い交流になりそうです。

と言う訳で、ニューヨークのセッションに参加します。いくつかのコンサートとレコーディングもあるようです。かなり良い刺激になりそうなので、とても楽しみです。(^^)

ライブとセミナーが終わってから、も一つ地方の仕事をして帰ってきたところ。

旅の準備はなんとか間に合いそうだけど、音楽と英語のディスカッションの準備が、ぜ~んぜん間に合ってないの。。。coldsweats01

ううっ、行き当たりばったりの人生。。。
こんなんでいいのか、ぢぶん>
って言いながら、ずっと生きてきましたが、今度もやっぱり。。。泣

がんばってきます。

■8月10日(月)  Roulette in New York  LIVE&Recording
19:00~   チャージFree  予約不要
http://www.roulette.org/events/upcoming
http://www.roulette.org/about/about.php/DIRECTIONS

もしニューヨークにお友達などいらしたら、無料コンサートとの事ですので、ぜひお知らせいただけたら、うれしいです。


もう一個、コンサートあるみたいだけど、詳細不明。。。

身体操作セミナー 7/11の日記

場所は、総合運動場「会議室兼軽運動室」。
新玉川線の桜新町で、一時集合して、皆でバスに乗って会場へ。

13:30からスタート。
最初、私の「エアバルーン・イメージ法」の基礎を一通り。
バルーン法の呼吸法とその解説。5個と6個のバルーンを使った、ストレッチの紹介。うねらすのと、閉じる開くの開閉トレーニングで時間一杯になってしまった。斜め方向のピョン吉ストレッチが、今回は出来ず。
そのかわり、6個のバルーンをつかって、皆さんにラテン系のエアロビフィットネス体験をやっていただきました。

小難しいダンスを覚えてもらうのではなく、ホントの有酸素運動って
どういうものなのかを、体感で感じてほしかったので。

どんな人にとっても、リズムに合わせて踊るのって、無条件で楽しいものなのだ。大脳で考えているうちは、リズムの本質は分からない。特に現代の日本人は、そんな楽しいものを忘れてしまっているのだ。リズムの基本は「歩く」だ。「歩く」を基本とした、すっごく簡単なパターンで動いてもらう。普段踊ったこと無いような人達も、皆流れにうまく乗れて、楽しそうであった。。。

有酸素運動のポイント
・リラックスして出来ること
・乳酸がたまらないレベルの強度とスピード
であること
・有る一定の時間を、ノンストップで動き続けること。15分以上が望ましい。

この要素がそろっていないのに、有酸素運動と言う言葉だけが一人歩きして、勘違いして捕らえている人も結構多いのだ。

エアバルーン法は、身体の中に意識を向けて、気づいていくための方法です。本当の意味で、心身共に深いところを緩めるには、バルーン法に有酸素運動を組み合わせるのが、効果的です。

かなり深いところが緩んでくるのを、実感を持って感じてもらえたのではないかと思う。

やっぱり人間は、歌って踊らないと、ダメだよね~。笑


後半は、コウレイさんにバトンタッチ。
胸椎を緩める、脊椎を緩める。鎖骨、肋骨を意識しながら、腕を使う
など、パーツをほぐしてさらに繋ぐトレーニングを実際に動きながら
体感していきました。それから、今回も4スタンス理論の応用編。

ウチの個人レッスンのヴォイストレーニングの生徒達も、コウレイさんに又違う角度で、違うアプローチで言われると、普段私に言われていることを改めて再認識できるようで、大変満足しておりました。

最後に又、私がクールダウンとして、ストレッチとリラクゼーションを
担当。たっぷりゆったりしていただいて、終わりました。


なかなか3時間以上、自分の身体の「内側」と向き合うって言うことって、そんなに無い機会だと思う。スポーツを3時間しました、武道の稽古を3時間しましたっていうのとは、全く違う質の時間なのだ。色々気づいてもらうことが出来たのではないでしょうか。


リピーターの方たちが、確実にインナーマッスルが起きてきていて、身体ヘンタイ度が上がってきてました。すばらしい~。www


ご参加いただきました皆さん、お疲れ様でした~
ありがとうございました。

2009年7月16日 (木)

エアジンLIVEでした

7月10日(金) 横浜エアジン
荒井皆子(Jazz Voice)、出口煌玲(龍笛・篠笛)、山下真理(ビブラフォン)


セッティング・ポジションを、マスターのアイデアで、前回とガラッと 変えてみました。
中央奥に煌玲さん、上手に絵夢茶♪、下手にまりさん。煌玲さんが 奥に下がって、
音の奥行きが出たのと、それぞれのメンバーが自然に視覚に入る位置にいることで、
とても演奏しやすかった。客席も、 いつものエアジンとちょっと違う椅子配置で、新鮮
でよい感じでした。


1ステージに2曲づつ、曲もしくは、モチーフを使った曲を、 何も決めない即興曲の間に、
演奏している。

この日は1ステージ目に演った5曲のうち、フリーの曲の間に
私のオリジナル曲 「TARZAN P134」とスタンダードの「Summertime」を。


絵夢茶♪の雑誌シリーズの曲も、なかなか面白いよ。(^^)
絵夢茶♪の数少ない歌詞のついた曲だが、宇宙語みたいな歌詞です。

「トータターヤ、トータターヤ、トータターヤ、
サオマセテートシデケナッチ、ルーサツイッタカ?」

いつも見慣れた景色を、ほんのちょっとの意識の転換で、 全く違う景色がそこに
現れるのだと言う、深あい哲学的な 歌詞なのだよ。なんちゃって。ふっふっふ。

ちなみにこのシリーズの第一弾のタイトルは、
「VOUGU 110頁 無調」であった。。。

2ステージ目に、
Minako's Free シリーズから、すっごく久しぶりに、
「Vol.2~ある日の日記~」と
「HAGOROMO」の私のオリジナル2曲を混ぜました。
「HAGOROMO」は、煌玲さんとのDUO用に書いた曲です。
毎回LIVEの度に演ってきたので、随分良い感じになってきたと思います。

まりさん、ビブラフォン叩いてたかと思ったら、縁をたたく共鳴管を叩く、床を叩く。。。
さらに履いていたサンダルを脱いで床を叩くっ!!
木の床をサンダル叩くと、なんていい音~shine


今回でこの3人での演奏は、4回目。演る度に面白くなって来ています。まだまだ、これから色々変わってきそうな感じがしますね。

先日銀座のCANONギャラリーで個展をされた、写真家の荒谷さんが 個展でも使われていた、
このバンドメンバーの焼き増しした写真を 持って、LIVEを聴きに来てくださいました。
かっこいいお写真なので、またそのうちご紹介したいと思います。


聴きにきてくれた、皆さん、どうもありがとう!!


それからそれから、前回のライブと今回と続けて、わざわざ 名古屋から聴きに来て
くださってると言うお客さんもいて、 すごいすごい。www


数少ないけどかなりコアなファンに、支えられているバンドでございます。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

2009年7月14日 (火)

本日 LIVE@大泉学園 in F

本日のライブは、練馬大泉学園。
in F は、初めて出るライブハウスです。

Free系大御所ピアニスト板倉克行さん。
煌玲さんと板倉さんは、本日初顔合わせ。

煌玲さんも板倉さんも、どちらも歌心のあるプレーヤーなので
きっと合うと思うの。楽しみです~note


■7月14日(火)大泉学園 in F(インエフ)
荒井皆子(Voice)、出口煌玲(龍笛・篠笛)、板倉克行(piano)
【LIVE Time】pm8:00~10:30(終演は「目安」)
【料金】2,800円
練馬区東大泉2-4-19 津田ビル3F
西武池袋線「大泉学園」北口下車徒歩5分
【問】03-3925-6967   http://in-f.cocolog-nifty.com/

2009年7月 5日 (日)

アーティストのための身体操作セミナー【東京・世田谷区】

さてさて、
毎回大変好評をいただいています、身体操作セミナーを行います。
雅楽の楽師でもあり、コンテンポラリー音楽など幅広く活動している和楽器奏者、武術、伝統舞踊にも造詣の深い、出口煌玲さんと私との共同企画です。3時間という時間、じっくりと自分の身体と向き合うと言う機会はなかなかありません。きっと新しい「気付き」を感じていただけると思っております。

職業病だとあきらめるのは、まだ早い!

故障の無い、快適な身体を手に入れるための、オリジナル・メソッドを紹介しています。
楽しく人生を送りましょうっ!ぜひ皆様ご参加ください!

flag参加申し込みは、
 ○お名前 ○ご住所 ○当日ご連絡可能なお電話番号 をご記入の上
 まで、メッセージをお送り下さい。
 am-bmine@nifty.com オフィスびーまいん(荒井)まで

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■【アーティストのための身体操作セミナー】■2009年 7月11日(土)

★音楽(歌・演奏)・ダンス・演劇・スポーツ・武道武術などで、更にパフォーマンスのクオリティーをあげたいと思っている方のためのセミナーです。オリジナル・メソッドをご紹介しています。
身体は、どんな人にも、一生に只一つしか与えられません。他と取り替えることは不可能です。かけがえのない自らの身体の本当のポテンシャルの大半を眠らせたままというのは本当に「もったいない」話です。
中高年からでも、運動神経が悪いと自他共に認める人も、体力の無い人も、今持っている身体や感覚に対する「思い込み」「誤解」からくる「ノイズ・抵抗」を取り除くだけでも、新たな身体感覚回路・運動神経回路に組み直すことが可能です。そこから、また新たな発想や表現が広がることを応援します。アーティストに限らず、どなたでもご参加いただけます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■7月11日(土)東京・世田谷 『アーティストのための身体セミナー』

【時間】13:30~16:30(セミナー終了後、質疑応答可能です)
【会場】 世田谷区総合運動場「会議室兼運動室」
http://www.se-sports.or.jp/sisetu/01sougou.php
【参加費】3,000円(お釣りの無い様に、ご用意ください。)


【講師 及び 内容予定】
◎荒井皆子「インサイド・ボディー・ワーク、イメージ法」
 (東京/ヴォイスplayer・ヴォイス&メンテナンス・トレーナー・気功研究家)
  http://homepage2.nifty.com/arai-m/index.htm
◎出口煌玲「連動体のための身体コア感覚開発・活性化メソッド」
 (奈良/ 横笛演奏家・身体感覚及び操作開発研究者)
  http://www.ruby.co.jp/body/   
 http://www.mahora-japan.com/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

flag●服装は体を締め付けず動き安ければOKです。
flag●激しい運動ではありませんが、汗をかくと思いますのでタオル、飲み水、着替えを持参してください。
終了後、個人的な故障や不調のご相談もお受けしますので、気軽に声を掛けてください。

以前の東京セミナーの日記もご参照ください。
http://m-cha.way-nifty.com/sennin/2008/12/index.html


☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
LIVEも演りますので、こちらもぜひに~~

■7月10日(金)横濱エアジン
荒井皆子(Jazz Voice)、出口煌玲(龍笛・篠笛)、山下真理(ビブラフォン)
【LIVE Time】19:45~/ 21:15~
【料金】2,500円+オーダー
【問】045-641-9191
横浜市中区住吉町5-60  
http://www.airegin.jp/

■7月14日(火)大泉学園 in F(インエフ)
荒井皆子(Voice)、出口煌玲(龍笛・篠笛)、板倉克行(piano)
【LIVE Time】pm8:00~10:30(終演は「目安」)
【料金】2,800円
練馬区東大泉2-4-19 津田ビル3F
西武池袋線「大泉学園」北口下車徒歩5分
【問】03-3925-6967   http://in-f.cocolog-nifty.com/
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

LIVE@ 神戸BIG APPLE

神戸BIGAPPLEライブでした。
大阪で、和笛奏者の煌玲さんと待ち合わせて、 神戸まで30分位。
距離感とすると、東京、横浜といった感じだ。


BIGAPPLEは、初期のBOJOで行った以来なので、なんと10年ぶりだ。
田中信正君、松井秋彦君メンバーでのアルバム「Bob&Jolt」の
発売ツアーのときだったと思う。なつかしーなー。


マスターのK氏も、お変わりなくとっても元気そうでした。


この日の共演者は、煌玲さんと、高野正明さんという関西で活躍
しているミュージシャン。この日、私は初顔合わせでした。
高野さんは、ロン毛の外人プロレスラーみたいたな体格の良い兄さん。

パワー系ドラマーみたいな体格なのに、脱力した繊細な音も出してくる
幅の広さがあって、見た目とのギャップが面白かった。
日本人ではないみたいなナチュラルな空気感の音を出す方でした。

煌玲さんも、この日も変わらず、美しい音色と、多彩な技満載で ございました。

和笛とVoiceという単旋律の楽器同士にパーカッションと言う組み合わせは、
独特の空間が出来て良い感じ。

絵夢茶♪、エフェクターを使っている。この日はオクターバーを
ちょと使ったんだけど、女の人の顔でオクターブ下の男性の声が聴こえると
すごい違和感あるみたいね。笑
後ろの入り口を振り返る人あり、あっちこっちキョロキョロする人あり。
とうとう、エクソシストって呼ばれてしまった。。。

以前、「どうやって男の声が出るようになったんですか?」って真剣に
聞かれてしまったことはあったけど。。。(^^;
エクソシストって言われちゃったのは、はじめてです。。。

久しぶりのBIGAPPLE 楽しかったです。

帰りは煌玲さんと、聴きに来てくれた煌玲さんの彼女、桃ちゃんとご一緒に、
大阪まで帰ってきました~。大阪に、この日から3連泊でした。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ