フォト

さくら

« 前衛<<コンテンポラリー>>音楽の聴き方 | トップページ | 5、6、7月LIVEスケジュール »

2009年5月14日 (木)

魔女が好きだった話

子供のころ、女の子はみんなおとぎ噺のお姫様が好きでした。
でも、絵夢茶♪、出てくる魔女と言う人達がもっと好きでした。

特にシンデレラに出て来る魔女と、人魚姫に出てくる魔女は
とりわけ好きでした。

昔の御伽噺と言うのは、実話も多かったようです。シンデレラも病気で早く死んでいく母が、残された娘の今後を案じ、ある年齢になったら渡してやってくれと遺言を残し、隠し財産を信頼できる女性の友人に預けます。シンデレラが、大人になって必要になったときに、それを渡してやったと言う話。シンデレラにとっては、魔法のように見えたのでしょうね。

だれも知らない隠し財産。預かった女が、ネコババしても、誰もわからない訳ですが、彼女は、長い時間を越えて遺言をきちんと実行してあげたと言う、イイお話。www


白雪姫に出てくる魔女には、すごく同情しています。
白雪姫って話は、グリム童話の中でも、最もえぐいサイテーな話です。父親と娘との近親相姦。王子様も死体とキスしちゃうヘンタイだし。 とてもここでは書けないようなあんなこともそんなことも。。。;;;
白雪姫の中に出てくる登場人物で、唯一まともな人間が魔女と呼ばれた母親です。ヘンタイの限りを尽くす、最低最悪のオンナ白雪姫を何とか全うにさせたいと努力したのにもかかわらず、たった一人汚名を着せられて、殺されてしまうかわいそうなお母さんなのです。死人に口ナシ、彼女は悪党どもに悪い魔女として葬り去られてしまいました。魔女はこの物語に出てくる、唯一、良識的でちゃんとした人だったんです。涙無くては、語れません。

人魚姫は、人間の男性に恋してしまった人魚姫が、なんとか人間になりたいと、そんなむちゃな・・・って言う、ありえないような望みをかなえるために、魔女に相談しに行きます。

魔女は、最初止めといた方がいいと、人魚姫を説得します。それでもどうしてもと言う人魚姫に、魔女は、やり方はあるにはあるが、人間の足を手に入れる代わりに、美しい声を失うことになると言う、それによって起こるリスクをきちんと説明します。
そして、そのリスクを理解したうえで、それでもと言う人魚姫の望みをかなえてあげます。

世間一般の常識ではなく、その人の人生観や強い思いのために、力を貸してあげているのです。魔女はきっと人魚姫の親姉妹にすごく恨まれた事でしょうね。常識も持ち合わせているけど、きれいごとだけでは片付かない事にも、力になってくれるそんな人が、人魚姫に出で来る魔女なのです。


魔女や魔法使いと言う人たちは、かなりの「賢者」です。
絵夢茶♪、子供のころから、ずっとそんな者にあこがれていました。
そんな者になりたいと思っていました。


後に魔女(Wich)と言うのは、古代宗教を信じる人達で、宗教色が強いということを知り、それはあたしの趣味ではないので、魔女になるのは断念したのでした。笑


んで、宗教色の無い、古代哲学の研究をしています。
さて、りっぱな仙人になれるかしらね~。(^^)

« 前衛<<コンテンポラリー>>音楽の聴き方 | トップページ | 5、6、7月LIVEスケジュール »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 前衛<<コンテンポラリー>>音楽の聴き方 | トップページ | 5、6、7月LIVEスケジュール »

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ