フォト

さくら

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月 8日 (水)

ライブ日記つづき<写真撮影>

26日エアジンLIVE日記のつづき。


それから、この日は、プロカメラマンの荒谷良一さんが、Mちゃ♪達の写真を撮りに来て下さいました。
荒谷さんは、大手企業CMのポスターなどもたくさん手がけている、メジャーなカメラマンさんなんだけど、仕事とは別にライフワークとして、JAZZミュージシャンを撮り続けている。以前にも、撮っていただいたんだけど、まさに一瞬の表情と空間を切り取るすばらしい作品ばかり。

今回も、どんな空間を切り取ってくれたのか、とっても楽しみです。
写真は、前回撮っていただいたもの。

Arai_minako4_3


荒谷さんのHP
http://www31.ocn.ne.jp/~aratani/

エアジンLIVE日記 3/26

■3月26日(木)■  横浜エアジン
荒井皆子(Voice) 出口煌玲(龍笛・篠笛) 山下真理(ヴィブラフォン)

出口煌玲さん、来東京。昨年の暮れ以来のLIVEです。 ビブラフォンの山下真理さんとのトリオ。
曲テーマはあるものの、インプロヴァイズ(即興)主体のバンドです。

この日の曲メニュー
1ステージ目
1. TARZAN P134   オリジナル曲 by 荒井皆子 
2. 何にも決めないで、フリーインプロ
3. E Tenlac (越天楽)
4. 対話 ~ミクロコスモスより byバルトーク

2ステージ目
1.天の川       オリジナル曲 by 出口煌玲 
2.良い土地 ~スウェーデンとノルウェーのリズムから~
3.煌玲さん SOLO
4. フリーインプロ
5.HAGOROMO   オリジナル曲 by 荒井皆子

雅楽曲、越天楽をインプロのモチーフとして使ったり、
バルトークをモチーフにしたりと、楽しかった。

TARZAN p134は、前回ライブでやってから、コード進行とメロを少し手直しをいれました。
凝ったコードつけても、凝っただけの効果が無かったので、シンプルに直しました。そっちの方が和楽器の良さが出ますね。(^^ゞ

演奏は、とぉぉぉぉっても面白かったし、良い演奏だったと思うのですが、お客さんが少ない。。。
もう少し、こういう現代アートな音楽を理解してくれる人が増えるといいなあと思います。ほんのちょっと聴き方のコツだけ覚えれば、最高に楽しい音楽なのになあ。

Mちゃ♪、音楽評論家とプロのミュージシャンには、これでも結構評価は高いんですよ。
でも世間では難しいって言われちゃうのです。。。 catface


まあいいんです。何の経済効果も無いかもしれないけれど、理論物理学の研究者もいてくれないと困るのと一緒で、商業音楽にはなりえないけど、「次」の新しい音楽を模索するミュージシャンもいないといけないんです。音楽の「先先の先」を目指すって感じでしょうか。
でも、このバンドは私の中では、比較的わかりやすいユニットだと思うんですけどねえ。。。。

新しいものを聴いてみようって言う好奇心のある人も、さらに減っているような気がしますね。。。景気が悪いとさらに保守的になるのかな。

ちょっと愚痴っぽくなっちゃった。。。

商業的価値観を一切無視して、本当に質の良い音楽だけを提供し続けようという趣旨で、ずっとがんばってライブを続けてくれている、エアジンのマスター梅さんにホントに深く感謝です!!

とっても楽しいLIVEだったのでした。


聴いてくださった皆様、どうもありがとうございました。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ