フォト

さくら

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月11日 (火)

11/25(火)は新宿ピットイン

ライブ&セミナー告知です。

■2008.11月25日■ 新宿ピットイン 
shine【絵夢茶FANTASY】shine~荒井皆子GROUP~
 荒井皆子(Voice) スガダイロー(Piano) 加藤真一(W.Bass)

新宿区新宿2-12-4アコード新宿B1
【予約・問】03-3354-2024
[Time]20:00~/ 21:30~  
[Music Charge]\3,000-( 1Drink付 )
http://www.pit-inn.com

★★久しぶりの【絵夢茶FANTASY】です。多忙なミュージシャンばかりで
なかなかスケジュールが、合わないのですが、やっと日にちが合いました。
今回はドラムレスのトリオです。私の作・編曲でお送りします。
変拍子あり、フリーあり、コンテンポラリーJAZZバンド。 ~半強制的癒し系~
楽しいライブにしたいと思います。 強力なミュージシャンを取り揃えておりますので、
ぜひ、いらしてくださいね note

●荒井皆子 (Vo) :
色彩と映像の見える音楽、細胞とこころに浸透する音楽を追及する「インステゥルメンタル・メガ・ピクセル・ヴォイス・プレイヤー」。あらゆるジャンルを飛び越え、常にミュージシャンと対等な位置でのインプロヴァイズを展開。全国のJAZZフェスティバル、コンサート、ライヴハウス(新宿ピットイン横浜エアジン等)で活動。佐藤允彦、姜泰煥(カンテーファン)他、数多くの国内外のアーティストと共演。「BO-JO」chondruleをはじめ、4枚のアルバムをリリースしている。作、編曲も担当するリーダーバンド【絵夢茶FANTASY】の他、雅楽和楽器奏者 出口煌玲、板倉克行とのユニットなどで活動。現代音楽作曲家 河内琢夫とのコラボレーションなど、即興、JAZZ、現代音楽、と活動の幅を広げている。              
●スガ ダイロー (pf) :
1974年生まれ。洗足学園ジャズコース一期生として入学。その後バークリー音楽大学に4年間留学し、帰国後は
「渋さ知らズ」や「鈴木勲OMA SOUND」でも活躍。 坂田明・小山彰太などとも共演を重ねている、間違いなく21世紀の日本でただ一人のバリバリのフリージャズピアニストである。2006年にはDVD『BOYCOTT RHYTHM MCHINE Ⅱ』(Lastrum)に参加、NATSUMENのギタリスト、A×S×Eとの壮絶なセッションで話題を集める。「REAL BLUE」「ok.hp」「リトルブルー」などのリーダーバンドを率いて活動。 あらゆる顔をもつ彼のプレイは、目の肥えたJAZZファンをも唸らせ、日本全国に熱狂的なコアファンが増殖中。
●加藤真一(B)  :
アコースティック・ベースの魅力にスポットを当てた活動を展開。佐藤允彦とのデュオアルバム(Duet 独ナゲル・
へイヤー2017)が全米全欧でリリースされている。現在は自己のグループB-HOT CREATIONSでの活動のほか、
佐藤允彦トリオ(Tipo Cabeza)、市川秀男トリオ、嶋津健一トリオ、村上寛トリオ等、数多くのバンドにレギュラー参加。自己のグループ『B-HOT CREATIONS』のアルバムも好評発売中。実力派ベーシストとして、定評を持つ。


■12月14日(日)
アーティストのための身体セミナー
講師:荒井皆子、出口煌玲  13:30~
世田谷区総合運動場「会議室兼運動室」
http://www.se-sports.or.jp/sisetu/01sougou.php
【予約・問】オフィスびーまいん am-bmine@nifty.com
 ★要予約

今年最後の、絵夢茶♪・REY★様コンビによる身体セミナー。
ぜひいらしてください。

■12月16日(火)
荒井皆子(Voice) 出口煌玲(龍笛・篠笛)
  山下真理(ヴィブラフォン)
神奈川県横浜市中区住吉町5-60
【予約・問】045-641-9191  [Time] 19:45~/ 21:15~
http://www.airegin.jp/

ヴィブラフォンの山下真理さんを迎えて、また新しい広がりが
生まれると思います。

2008年11月 8日 (土)

「銀河の里」コンサート IN 岩手県 花巻

11/2(日)の日記

「銀河の里」は、高齢者の認知症対応の高齢者老人ホームやグループホーム、障害者のグループホーム、自立支援の活動と幅広く活動されている社会福祉法人です。

「介護される人、する人」に別れている現在の福祉施設に問題提起する、クリエイティブな施設です。農作業を通して、高齢者や障害者の自立支援をしています。
http://www.ginganosato.com/
宮沢賢治ゆかりの町、賢二の思想も生きているように感じました。

これまで毎年秋の収穫祭として来たものを、今年から音楽祭に変えての初の試みとのことでした。

「福祉施設は、一般的に余興のようなことをやって、世間もありがたがると言う傾向があります。そういうのに、どこか違和感があって、福祉施設から地域に文化的な発信をしてみたいので、「音楽祭」にすることにしました~」  というのは理事長Mさんの談。

入居者以外の人達が、色々な形で気軽に行ける場所、地域の人間関係の中心地にしてしまおうと言う、世間の定石をぶち壊そうと言う心意気が、非常に心地よく、微力ながら、協力させていたただけるのが、とてもうれしいなあと思ったのでした。


コンサートの場所は、福祉施設の多目的ホール。150名ほどのお客さんが入れる、
天井の高い明るいスペース。グランドピアノの後ろ側は天井までのガラス窓。
その向こうには、美しい空と山々を眺めることが出来ます。とても暖かい雰囲気の
行き渡った空間でした。

野外では、中学生のブラスバンドの演奏や、地元の若い衆の太鼓グループの演奏が
あったりで、にぎやかです。太鼓とドラムのセッションとかもやってて、なかなか
上手でかっこよかった。

午前中は生憎の雨。午後から徐々にお天気が良くなってきて良かったです。

コンサートは、満員御礼!沢山のお客さんが足を運んでくださいました。
スタッフのみなさん、一生懸命やってくださって、コンサートも本当に楽しみに
しててくれてて、うれしかったです。


コンサートは、休憩も挟んで90分ほどのステージ。
ピアノの板倉克行さんと、ベースの林正男君と、スタンダードナンバーを色々。
スタンダードナンバーをモチーフに、フリーインプロビセーションも混ぜつつ、
私のスタイルで演奏させてもらいました。
会場の皆さんにも、一曲フリーインプロに参加してもらったんですが、空間に
大人数の声がふわあああって広がって、とっても素晴らしかった!
生の声の空間の響きや、聴覚だけでない5感で捉える音楽を、感じてもらえ
たかなあ。感じてもらえたらうれしいなあ。

コンサートが終わって、帰り際に、お客さんたちがニコニコしながら「楽しかったっ!」
と、口々に声を掛けて行ってくれたので、やれやれホッとしました。

若いスタッフの人達が、沢山働いていて、みんな明るくて生き生きしている感じで、
いや~、年取ったらこんな高齢者施設に入りたいね~って、ミュージシャン全員
思ったのでした。

私の今まで知っている福祉関係の人達って、心はあるのに、疲れ切ってしまっている人が多かったので、すごく新鮮でした。日本もまだまだ捨てたモンじゃないかもねって
元気が出ます。


打ち上げに参加させていただき、夕暮れ、岐路に着いたのでした。

聴いてくださった皆さん、どうもありがとうございました。
「銀河の里」の皆さん、大変お世話になり、ありがとうございました。

2008年11月 7日 (金)

イーハトーブと わんこ蕎麦と 秘湯

11/1の日記。
初めての岩手です。新幹線で、2時間半で着いちゃうのね。意外と近い。

今回のコンサートのオーガナイザー銀河の里の理事長Mさんと、スタッフのFさんが、お迎えに来てくれていて、花巻案内をしてくださったのでした。


新花巻駅でbullettrain新幹線を降りたところで、獅子踊りがお出迎え。デフォルメされたすごいチャーミングなお獅子が五匹、タイコを叩きながら踊ってくれました。ちょうどパフォーマンスの時間にぶつかったみたいで、ラッキー。綺麗に二軸で踊っていて、興味深く観ました。


宮沢賢治ゆかりの町。イギリス海岸から賢治記念館。
花巻は空気が綺麗で、川べりの自然が美しいです。優しい空気の、良いとこです~。しばし、ゆったりした気分に浸る。

わんこ蕎麦に、初めてチャレンジ。おわん持ってお姉さんが、横に立ってて、どんどんどんどんどんどんどんどん、おわんに蕎麦を投げ込んでくるのだ。大食い選手権の元祖だよね。とっても美味しいおそばだったのに、味わってる暇は許されない。汁は飲んではいけない。ひたすら喉に流し込む。。。ちなみに絵夢茶♪、33杯食べました。www
女性の平均が30杯位との事。ちなみに10杯で掛けそば1杯分の量なんだって。面白かったけど、流石に当分お腹がもたれて、夜ゴハンがほとんど食べられませんでした。

翌日のコンサートをする会場「銀河の里」のホールへ。スタッフのみなさん、みんなコンサートを楽しみにしてくれていて、心から歓迎してくださって、本当にありがたいです。コンサートのチケット完売とのことでした。いいコンサートにしなくっちゃって、さらに思ったのでした。


町明かりの無い、山の中なので、外へ出ると満天の星がホントに美しい。金星がすんごく大きく見えて天の川がはっきりみえる。まさに銀河の里ですね。 花巻の山河、夜空や星は、宮沢賢治のお話と同じ優しい匂いがしました。shineshinemoon3


夜は、大沢温泉と言う、地元の人がオススメって言うしぶ~い温泉spaを取ってもらったんだけど、一部200年にもなると言うその温泉は、ひなびたと言う言葉がピッタリ。宮沢賢治も高村光太郎も気に入って泊まってたって言う、昔の湯屋って言う風情のある宿でした。温泉は素晴らしいんだが、何しろ古い建物なので、寒いし、隣の部屋の声は筒抜けだは、朝は早くから泊り客は、廊下をバタバタドタドタと歩き回るはで、あまり良く眠れない。値段は冗談かと思うくらい、安い宿でしたけど。。。経験としては、こう言う宿は、すっごく面白いんだけど、演奏前のコンディションを整えるには、ちょっと厳しかったかな。。。風邪引かなくてやれやれ良かったです。


川べりの眺めmapleのすばらしい露天の温泉spaは、すばらしかったです。


翌日は、コンサート本番。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ