フォト

さくら

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月16日 (木)

JAZZコンサート@岩手県花巻

コンサートの詳細が出ましたので、お知らせします。


■2008.11月2日(日)■
「ジャズコンサートIN 銀河の里 荒井皆子&板倉克行&林正男」

【予約・問】銀河の里 0198-32-1788
  里の音楽祭実行委員会 コンサート担当 藤井・平松 まで

【開場】13:30 【時間】14:00~15:30
岩手県花巻市幸田4-116-1デイサービスセンター銀河の里 ホール

料金:\1500-(ドリンク付き)  定員: 150名
http://www.ginganosato.com

スタンダードJAZZをモチーフにしていますが、JAZZにこだわらず、もっと自由に楽しく!
と思っています。
お近くの方は、ぜひいらして下さいね~!


岩手県は、初めて行きます。楽しみ~♪

■荒井皆子(Voice) 
: 色彩と映像の見える音楽、細胞とこころに浸透する音楽を追及する「インステゥルメンタル・メガ・ピクセル・ヴォイス・プレイヤー」。あらゆるジャンルを飛び越え、常にミュージシャンと対等な位置でのインプロヴァイズを展開。全国のJAZZフェスティバル、コンサート、ライヴハウス(新宿ピットイン横浜エアジン等)で活動。佐藤允彦、日野皓正、高瀬アキ、八木美知依、出口煌玲、田中信正、スガダイロー、姜泰煥(カンテーファン)他、数多くの国内外のアーティストと共演している。「BO-JO」chondruleをはじめ、4枚のアルバムをリリース。作、編曲も担当するリーダーバンド「絵夢茶FANTASY」を初め、即興、JAZZ、現代音楽、など活動の幅を広げている。
http://homepage2.nifty.com/arai-m/     
☆mixiコミュニティ【絵夢茶】荒井皆子【FANTASY】
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3737387

■板倉克行(Piano)
:1943年生まれ。1962年プロ入りし以来各国の音楽家と共演する。高く豊かな音楽性,ロマンチズム溢れるリリカルなプレイは高い評価を受けている。ブルース、バラッドなど絶品、エッジの立った音は美しい。・・・by[jazz_candy/info-news]
http://www.ekip.net/kats/
http://www.muplaza.com/music/muplaza/by_artist+.php?nameid=12352

■林正男(W Bass)
1964年東京生まれ。13才でギターを始め、就職後、ベースに転向、会社勤めのかたわら河原秀夫氏に師事、演奏活動を始める。1992年に演奏活動に専念するため退社。1993年には参加していたグループ「オードソックス」がキングレコード・第一回ジャズ維新コンテストでグランプリを受賞。以後、天野 丘(g)グループ、渡辺匡彦(vib)グループ等、多くのバンドやセッションに参加、都内及び近郊のライブハウス、ジャズクラブ等で活動中。2004年8月25日に、ギターの天野丘、ドラムの小山彰太とのトリオによるCD、「A SWEET DELUSION」が発売された。
http://www.tt.rim.or.jp/~884masao/

2008年10月15日 (水)

手向山八幡宮@奈良 コンサート

■10月3日(金)■ 手向山八幡宮@奈良
音楽舎まほら奉納コンサート
出口煌玲(龍笛・篠笛)林 哲示(笙) 久保比呂誌(津軽三味線・キーボード)
ゲスト: 高木了慧(篳篥) 荒井皆子(Voice)
http://www.mahora-japan.com/

龍笛プレーヤーの出口煌玲さんの現代雅楽ユニット「まほら」
手向山八幡宮の奉納コンサートに、ゲストで参加させていただきました。

手向山八幡宮は、東大寺の敷地内にある、二月堂や法華堂の並びにある
こじんまりとした神社だ。東大寺の守り神の神社なんだそうだ。

いや~、由緒正しき雅楽プレーヤーの皆様にまじって、奉納コンサート
なんて、久しぶりに緊張したな。煌玲さん以外ミュージシャンは、この日初めてお会いする方々ばかりなのでした。

あたりが暗くなり始めて、お客さんたちが集まりはじめ、境内がライトアップされ、暗闇に鈴虫の声が響いてとっても良い雰囲気。


この日のプログラム
1. オープニング フリーテンポでロングトーン中心のインプロヴァイズ
2. 雅楽の古典の曲「青海波」雅楽の三管 +Keyboard 私は、パーカッションの小物いろいろで参加
3. ヴォイスSOLO
4. 「意調子」 篳篥(しちりき) にヴォイスとKeyが絡む
5. 津軽三味線SOLO
6. 私のオリジナル曲「HAGOROMO」 和笛とヴォイスのDUOのための曲
  に他の楽器が参加してもらって、また新鮮な展開となりました。
7. 雅楽の古典「合歓塩」をモチーフに、全員でインプロヴァイズ

アンコールは、竹田の子守唄~ふるさとのメドレー

笛、笙、篳篥(しちりき)のサウンドってなんとも、荘厳でステキですね~。
生で聴かないと、響きの深さは解らないと思う。大変ステキな体験を
させていただいたと思います。

全体の構成がバランスよく、色んな要素万歳で、聴いている人達には楽しんでいただけたんじゃないかなあと思いました。手向山の神様も、きっと楽しんでくれたんじゃないかな~。(^^)

持って行ったCDも、おかげさまで完売!

来ていただいた皆さん、どうもありがとうございました。happy01
手向山八幡宮の皆様、お世話になりました。ありがとうございました。
ミュージシャン、音響スタッフの皆様、お疲れさまでした~!楽しかったです。
こんなステキな企画に声掛けてくれた煌玲さんにも、深く感謝です。
ありがとうnote


聴いてくださったお客様が、blogに書いてくださいました。
ベリーさんの日記↓
http://blog.livedoor.jp/sijukaramcafe/archives/51188555.html

奈良初日

翌日、リハーサルが13時からとのことで、朝東京を出てだとちょっと辛い。なので、
前日前ノリで奈良へ。

せっかく奈良まで行くのに、仕事だけやって真っ直ぐ帰ってくるのでは モッタイナイ。
で、この日は、一人で奈良を散策する事に。 翌日仕事なので、あまり遠出は出来ないけど。

翌日コンサートをする、手向山八幡宮周辺は、東大寺のすぐ近く というか、敷地内
といったほうが良さそうな場所にある神社だ。 なので、東大寺の金堂へまずは、
コンサートのご挨拶がてらお参りに。

奈良は、修学旅行以来だから何十年ぶりだろう。当時は寺にも仏像にも
仏教にも、全く興味なかったので、ほとんど記憶が無い。ここも来た事あるはずなんだけどね。笑

仏教の宇宙観は、かなり事実に基づいていて面白いね。宇宙のシステム
を、一般の人々にわかりやすいように、ある種のエネルギー体を
擬人化して表現しているんだろう。大昔の人々はなんでそんな事
知ってたんだろうなあと、不思議に思うことが一杯だ。

東大寺から、ずっとお散歩して、国立博物館へ。
博物館にいる仏像って、本来の役割を果たせなくなってしまって
なんだかかわいそうに思っちゃった。。。(TT)
展示されていたB.C10世紀あたりの中国の青銅器が、激ヤバイ。
近未来的な恐ろしく洗練された技術とセンスに、鳥肌が。。。人類の
技術に見えない位すごい。。。どんな時代だったんだろうね。
遠く紀元前に思いをはせつつ、閉館まで楽しく過ごす。


帰りに公園で鹿に襲われてしばし格闘の末、取られそうになった地図を取り返した。
やれやれ。

興福寺を一回りして、五重塔でパワーチャージしてから、ホテルへ。

奈良はいいなあ。気持ちよいエネルギーが一杯だ。
仕事抜きでゆっくり来たいなあ。


美味しいお夕飯も食べたし、おひとりさま♪満喫の一日でした~
楽しかった。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ