フォト

さくら

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月18日 (水)

身体操作セミナーのお知らせ■7/20 東京

毎回大変好評をいただいております、身体操作セミナーを行います。元、春日大社の楽師でもあり、コンテンポラリー音楽など幅広く活動されている和楽器奏者、出口煌玲さんと私との共同企画です。自分の身体と落ち着いて向き合い、何か「気付き」を感じていただける機会になると、自負しています。
 ぜひ、皆様お友達とお誘い合わせの上、ご参加ください。
参加申し込みは、オフィスびーまいん am-bmine@nifty.com まで
お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス、その他
現在やっておられる事柄(歌、楽器、ダンス、武術etc.) などかんたんに自己紹介を
いただけると嬉しいです。(^^)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■【アーティストのための身体操作セミナー】■2008年7月20日(日)

★音楽(歌・演奏)・ダンス・演劇・スポーツ・武道武術などで、更にパフォーマンスのクオリティーをあげたいと思っている方のためのセミナーです。
身体は、どんな人にも、一生に只一つしか与えられません。他と取り替えることは不可能です。かけがえのない自らの身体の本当のポテンシャルの大半を眠らせたままというのは本当に「もったいない」話です。

中高年からでも、運動神経が悪いと自他共に認める人も、体力の無い人も、今持っている身体や感覚に対する「思い込み」「誤解」からくる「ノイズ・抵抗」を取り除くだけでも、新たな身体感覚回路・運動神経回路に組み直すことが可能です。そこから、また新たな発想や表現が広がることを応援します。


【講師 及び 内容予定】
◎荒井皆子「インサイド・ボディー・ワーク、イメージ法」
 (東京/ヴォイスplayer・ヴォイス&メンテナンス・トレーナー・気功研究家)
http://homepage2.nifty.com/arai-m/index.htm
◎出口煌玲「連動体のための身体コア感覚開発・活性化メソッド」
 (奈良/ 横笛演奏家・身体感覚及び操作開発研究者)
http://www.ruby.co.jp/khorey/index.html
http://www.mahora-japan.com/

【会場】flag世田谷区総合運動場 ●会議室兼軽運動室
http://www.se-sports.or.jp/sisetu/01sougou.php

【時間】13:30~16:30(セミナー終了後、質疑応答可能です)
【参加費】3,000円(おつりの無いよう、ご用意ください)

世田谷区大蔵4-6-1 [TEL]03-3417-4276
● 交通アクセス(バス路線のご案内)
成城学園前駅〜桜新町駅前・都立大学駅北口(都立01)
二子玉川駅〜成育医療センター・美術館(東急コーチ)
⇒「区立総合運動場」下車

成城学園前駅〜渋谷駅(渋24)・等々力(等12)・用賀駅(用06)
調布駅南口〜渋谷駅(渋26)
⇒「成育医療センター」下車徒歩5分
⇒「NHK技術研究所」下車徒歩7分

flag
●服装は体を締め付けず動き安ければOKです。
●激しい運動ではありませんが、汗をかくと思いますのでタオル、飲み水、着替えを 持参してください。
●フロアエクササイズも予定しています。ヨガマットのある方はお持ちください。無い方は、代わりになるバスタオルを1枚ご用意ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

終了後、個人的な故障や不調のご相談もお受けしますので、気軽に
声を掛けてください。


過去のセミナーの日記をご参照ください。
http://m-cha.way-nifty.com/sennin/2008/05/post_8261.html


2008年6月14日 (土)

LIVE Info.横浜エアジン 7/2

■7月2日(水)■ 横浜エアジン

荒井皆子(Voice)Session 板倉克行(Piano) 金剛 晋(A.Sax,Fl)

神奈川県横浜市中区住吉町5-60
【問】045-641-9191  http://www.airegin.jp/
[Time] 19:45~20:45/ 21:15~22:15
[Music Charge] \2,500- + オーダー

★日本とNYを行き来し演奏活動を続ける、フリージャズ界の鬼才ピアニスト。
 板倉克行さんのHP   http://www.ekip.net/kats/
★ フリーからJAZZ、クラシックと幅広く活躍されているSaxプレーヤー、
金剛晋さんのHP  http://www.congo-sax.com/index.htm

今回は貫禄の大御所のおぢさま方と、ご一緒。
<<即興>> impactスリリングimpactで面白いですよ


<即興演奏>何の制約も無い。全てが自由。
唯一プレーヤーの間にある共通認識は、
「インタープレイが成り立っている」(音と音で「会話」が成り立っている)
と言う一点のみです。即興音楽は、究極のコミュニケーションですね。

どんな音の「会話」になるかは、演ってみなくちゃ分かりません。が、
面白い会話になるのは間違いないので、ご興味のある方は、ぜひいらして下さいsign03

2008年6月 8日 (日)

【至急!】日本政府向けサミット要望の署名

【署名ご協力お願い】です。
G8洞爺湖サミットで「ダライ・ラマ法王と胡錦濤国家主席との対話を実現させよう!」と言うアクションです。

★【アクション】洞爺湖サミットでの対話実現を福田首相にお願いしよう!
★【アクション】洞爺湖サミットでの対話実現をG8各国から提案してもらおう!
Free Tibet Team Japanのホームページ
←日本政府あて署名用紙はここからhttp://fttj.org/ja/  

賛同してくれる仲間の署名を集めてください。封書で6/20必着 です。
●送り先は、ホームページ、また署名説明用紙に記載してあります。●

★FTTJ(Free Tibet Team Japan) 公式HPhttp://fttj.org/ja/
 FTTJはネット上のチベットサポーターの集まりの名前です。
 「自由と人権」がすべての人に保障されるべきだし、そういう世界に
したいと思っている、個人の 集まりです。
(英語版HP http://fttj.org/

アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ人の方々に、彼ら自身が自分の国の政府へ「洞爺湖サミットで対話実現」を嘆願してくれるよう協力を呼びかけています。(日本人は日本国以外の外国政府に嘆願書を送ることはできません)
色々な関連サイトに、書き込んだり、海外に住んでいるお友達に、呼びかけたり。。。

そしてG8各国の首脳から洞爺湖サミットでの対話を提案してもらい、日本政府にそれを是認してもらいます。
G8各国の要請を無視できない日本政府は、対話をサミットの重要要項として盛り込み、対話を実際にセッティングします!

フリチベアクションは、アジア全体の民主化運動に、発展していくと思う。。。皆が諦めさえしなければ、必ずマシな世界に変えられる!!

ご協力お願いします!!


以下、要望書の雛形を記します。
──────────────────────────────────
日本国 内閣総理大臣殿

貴職におかれましては、日夜国政にご尽力いただきお礼申し上げます。

1959年3月10日より国際社会が注目し続けているチベット問題に関して、日本国政府は「人権問題」としては注視しつつも、あくまでも「中華人民共和国(以下中国)の国内問題」と位置付けて、「内政不干渉」の外交政策を貫き続けております。しかしながら、本年3月に勃発した一連のチベット自治区ならびに近隣のチベット人自治州での騒乱などに対する国際社会の取り組みを鑑みれば、現在の我が国の姿勢が、今後のアジア太平洋地域の平和と安定の構築に貢献すべき国家として相応しいものであるとは思われず、我々は大変危惧しております。我々は、チベット問題の早期全面解決と真の日中友好、ならびにアジアと世界の平和と安定を求める者として、日本国政府に以下のように要望いたします。


(1)政府ならびに政府関連機関が、チベット問題に関して、これまでの「内政不干渉」の原則を撤廃し、国際社会と連携し、公平かつ客観的な視点に基づいて本問題を注視し、チベット問題の平和的解決へ向けた取り組みを我が国のアジアにおける平和貢献活動の一環として位置付けるよう要望いたします。

(2)北京オリンピック開催前、本年7月に我が国で開催されるG8北海道洞爺湖サミットにおいて、先進国首脳にチベット問題への対応を議論するよう提案し、同時にこの問題の当事者であるダライ・ラマ14世ならびに胡錦濤中国国家主席をサミット関連会合へと招聘することを要望いたします。さらに、デズモンド・ツツ、エリ・ヴィーゼル、アル・ゴア、ムハマド・ユヌス、ベティ・ウィリアムズといったノーベル平和賞受賞者を何名か共に招き、ノーベル賞受賞者らと世界情勢への知見を共有する特別な場を設けることを提案いたします。最終的には、先進国首脳、ASEAN各国ならびにインド、パキスタン、アフガニスタンなどの隣接地域首脳の同席の下、チベット問題を抜本的に解決するべく平和的対話の場を設けることを要望いたします。

(3)今回の洞爺湖サミットにおいて、チベット問題を主要な議案とすること、ならびにダライ・ラマ14世と胡錦濤中国国家主席の対話の場を設けることが実現できない場合には、その理由を国民に公表することを求めます。洞爺湖サミット終了後も、第三国ないしは国際機関の協力・監視のもとで当事者間の対話が実現し、チベット問題の平和的かつ実効的な解決までその対話が継続されるよう、日本国政府は各国政府ならびに国際機関と連携し、積極的な貢献をし続けるよう、強く要望いたします。
──────────────────────────────────

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ