フォト

さくら

« LIVE@Musicraft in 大阪 | トップページ | インプロ音楽祭@横浜エアジン4/29 »

2008年4月19日 (土)

笙とシタールと龍笛と声と舞踏

大阪ツアー4/5の日記
LIVE@AmanTo天然芸術研究所

中崎町は、何だか不思議な雰囲気の町だった。
アーティストさんが段々と住み着きはじめて、段々そういった人達が
集まって増えてきている町だそうだ。
小さなカフェとか雑貨屋さんがポツリポツリとそのあたり一帯民家の合間にある。

そのなかに、古びた倉庫を改築したという、手作りな味のある雰囲気の謎の舞台が、
天然芸術研究所。


この日の出演者は
ミュージシャン4名とコンテンポラリー・ダンサー


「身体哲学ファイルLOGOシリーズ『遥護 yogo』」
こんなタイトルがついてたのね、全然知らなかったな;;笑

   JUN(dance)
   J(シタール)
   井原季子(笙)
   荒井皆子(voice)
   出口煌玲(龍笛)

http://d.hatena.ne.jp/dancingjun/20080405

REY様。以外は、全くの初対面です。シタールや笙といった
楽器を間近に見るのも初めて。。。興味津々。ソロのダンサーさんとの
コラボレーションというのも、私はあまり縁がないし。
それぞれの力量も全く分からないので、どんな感じになるのかも、
予測不可。やってみないと分からない。


お客さんも集まり、照明も落ちて、いい雰囲気。

私とREY様。、シタールのJさんと笙の井原さんが、上手と下手に
分かれてスタンバイ。中央のスペースでJUNさんが舞う。


笙の井原さんは、とても可憐で清々しい音色のプレーヤー。
Jさんもかなりテクニカルでcoolなプレーヤーでした。
REY様。の、多彩な音色とテクニックは、いつもながら素晴らしいし。
打楽器がいなかったので、私は小物のパーカッションを
シャリシャリ、リンリン、シャカシャカ、カコカコ鳴らしたり・・・、
ヴォイスパーカッションなども色々。


皆それぞれ即興演奏をよくわかっている人達だったので、
ホントに付かず離れず、いいバランスで空間を創って行けたのでは。

JUNさんは、能面の使い手で、独特の素晴らしい空間を創ってらっしゃいました。
やはり視覚的な要素って、強烈だなあ。
それぞれの出演者に、色々インスパイヤーされ、楽しかった。

普段インプロヴァイズと言っても、モチーフとして曲をつかったりと
曲仕立てにしているライブが多いのだが、この日のような完全な「即興」
演奏と言うのは、たまに演るととても楽しい。何モノにも制約されず、
自分の五感六感のみに集中でき、細胞の一つ一つが深い所からスッキリするような感じ
がする。

JUNさんは、舞台前はいつも、4日から一週間ぐらい断食するんですって。
神経を研ぎ澄まして、気の感覚を上げるって言う意味合いなのかな。
凄いね~。絶対まねしないけど。笑


濃密な空間でしたね。
お客さん達も、アーティストさんが多いようでした。


REY様。の和笛のお弟子さんさゆらんさんが、blogにステキな日記と詩を書いてくれました!
どうもありがとう!
http://blog.goo.ne.jp/asuranoemi/d/20080407

« LIVE@Musicraft in 大阪 | トップページ | インプロ音楽祭@横浜エアジン4/29 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LIVE@Musicraft in 大阪 | トップページ | インプロ音楽祭@横浜エアジン4/29 »

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ