フォト

さくら

« 八方尾根 3日目はパウダースノー | トップページ | 4月は大阪ツアー »

2008年3月12日 (水)

高橋尚子ちゃん考察

しばらく前から、私の周辺の人たちには言っていた事だけれど、
あんなトレーニングをしていたのでは、絶対に勝てるわけが無い。

回りのトレーナーなどスタッフが悪すぎる。しばらく前に、ニュースの特集かなんかで、彼女のトレーニング風景を放送していたのを見た。 自分で考案したという変なエアロビと、ムダに追い込むクランチの腹筋トレーニング。前時代的なあんなトレーニングをして、現在に通用するはずもなし。
「願えば夢はかなう」と言っていた彼女を見つつ、かわいそうだけど絶対無理と思った。根性だけでは、今の時代は通用しない。

高橋尚子ちゃんは、人並みはずれた精神力と根性の持ち主だと思う。 でも、「根性」はトップアスリートには、時として邪魔となる。 その根性ゆえに無理をし、その根性ゆえに身体を硬くし、壊していくのだ。
ちゃんとしたトレーナーが付いていたら、本人がもう少し心情的にトレーニングをしたいといっても、「今日はもう止め!」と、的確なタイミングでストップをかける。故障を起こさせない、本番にベストコンディションに持っていくためのコントロールをさせる。 現在、彼女の周りには、そういう役割をする人間がいないのだ。
自分に自信があるから、自分の都合のよい自分の言う事を聞く、自分よりも若いスタッフを周りにおいている。これでは、客観的に彼女にアドバイスできる人間は、いないだろう。彼女の年齢とキャリアから言ったら、一日70kmなんて走る必要は無い。ムダに故障を増やすだけだ。だれも止めてやらんのか?怒

スポンサーもあり、お金もあるんだから、もう少しちゃんとしたトレーナーを雇うべきだと思う。そもそも、膝の手術をしなければならないような状況になるまで、ブレたフォームでむりやり走り続けた練習方法に既に問題がある。そんなになるまえに、見直しをしなければいけなかったのに、並外れたその「根性」ゆえに、それまでの練習方法をゴリ押しした結果が膝の故障だ。


スポーツに「根性」はいらない。本当に「根性」が必用なのは、本番の最後の最後の最後だけだ。それ以外は、頭を使うだけで十分なんだ。

心身ともに枯れ果ててもまだ「根性」で無理やり笑ってみせる、彼女の姿があまりにも痛々しくて、かわいそうだった。


まだ本当に走りたいと思っているのなら、ちゃんとしたトレーナーを雇うべきだ。

« 八方尾根 3日目はパウダースノー | トップページ | 4月は大阪ツアー »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 八方尾根 3日目はパウダースノー | トップページ | 4月は大阪ツアー »

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ