フォト

さくら

« *白馬コンサート&スキー初日* | トップページ | 八方尾根 3日目はパウダースノー »

2008年3月 5日 (水)

八方尾根 2日目はぴーかん!

いや~、日ごろの行いが良いせいですかね~!
素晴らしいお天気でした。さわやかな一日。青い空と雪山が美しいです。

しかし、皆の一番最後を、ジタバタついていくのは
なかなかハードです。とはいえ、去年よりはマシにはなってるかな。
5人もインストラクターが居るので、皆、違う角度から違う言い方で
ポイントを教えてくれるので、非常に分かりやすい。


午前中はめいっぱい、調律師のS氏に、マンツーマンで指導して
いただきました。S氏は調律師という職人気質のこだわりで
スキーも研究してらっしゃいます。初心者の教え方もとっても上手です。
おかげさまで、エッジの使い方、ポジションなど細かいポイントを色々教え
てもらいました。兎平、初コブチャレンジ。。。デコボコデコボコ。
こあかった。(TT) 新しい雪が積もっているので、高低差はそれほどなく、
こういうのはコブとは言わず、GAPと言うそうな。
よくわからないので、言われるままに、そういうもんかな
と思いつつすべる。八方尾根の一番上から、ず~と、降りてきました。

去年は、右肩をちょっと捻挫しちゃったけど、今年は右肩のポジションをきっちり調整してきたので、どんなに急斜面で派手にスッ転んでも、故障は起きない。その辺は、ありがたいなあ。安心して、派手に転ぶことが出来る。笑

午後は、他の人達についていく。午前中より、ちょっとマシになったかも。コブも午前中よりは、転ばずに降りてこられました。

しかし、皆の後を付いていったら、ゲレンデから外れて行ってしまう。バッテンの付いた看板があるよ~。でも今から引き返せないし。。。

下から先に行ってしまったUMEさんがどなる。「向こうは崖だから、行っちゃダメ!そこからゲレンデに降りなさい!」段取りがいまひとつ分からず。降りろといわれた坂も、ほとんど崖に見えるし。。。なにしろ雪が新しいんで、埋まったら最後這い上がれなさそうな坂!木も生えてるし~。付いてくると思わなかったんだもんって、後から言わないでほしい。。。

新雪にうずまりそうになりながら、必死に坂と言うより崖をおそるおそるゆっくり降りる。木の間をくぐってなんとか命からがらゲレンデに復帰。命がけだよ~。

で、待ちくたびれたUMEさんは、ゲレンデの端っこで、腕枕をして寝て待っていたのであった。 (TT)

よく滑りました。死ぬかと思った。かなり疲れました。

« *白馬コンサート&スキー初日* | トップページ | 八方尾根 3日目はパウダースノー »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« *白馬コンサート&スキー初日* | トップページ | 八方尾根 3日目はパウダースノー »

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ