フォト

さくら

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月26日 (火)

Mちゃ♪強化月間~中国拳法編~

はたして強化してるかどうかは、定かではないんですが・・・。
まずは脳ミソに新しい刺激を入れて、神経起こして行くのが第一目的。


先日は、知人のtiger hawk老師の中国拳の道場、虎鷹拳院(こようけんいん)へ、おじゃましました。
tiger hawk老師は、虎鷹心意六合拳と宋氏形意拳、武式太極拳の達人なのだ。


老師って言っても白髪三千畳の爺さんぢゃないよ。若くても先生は全部老師と呼ぶのだ~。(どこかで聞きかじった話しデス。)(^^ゞ

雨の中、先生自らわざわざ駅までお迎えに来ていただき、稽古をやっている体育館へ。

虎鷹拳院は仲間内では、別名ネリマヘンタイクラブで通っている。
先日の東京ハッスルに来ていただいたお弟子さんをはじめ、皆さんとご挨拶。

「じゃあ、はじめましょうかあ~。」tiger hawk先生がニコニコ、ゆる~い雰囲気で始まる。お弟子さん達は、それぞれ自分のやることをドンドンやっている。体育館の壁に沿って、ゆっくり基礎の歩き方で移動している。謎のスローモーションウォーキングだ。


Mちゃ♪は、お願いしていた、短棍の基本的な練習の仕方を教えていただいた。私の持っていった杖は、日本の古武術のものなので、ちょっと細いし重いようで、先生の手作りだと言う棍をお借りする。確かに軽い。

古武術の前後の突くようなストレートな感じの動きとは違って、回転させて行く。わあい。中国拳法な感じ~!楽しいぞ。最初どこにいる敵を殴っているのか、全然把握できず。笑 そうか、後ろの敵を殴ってたんだ~。って後から解ったり。苦笑

杖や棍って、個人的には好きなアイテム。相手に距離が見えないのと、刃が付いていないので、両端が武器になるのが新鮮だし。ヌンチャクとか三連棍みたいに、自分の頭殴っちゃったりして自滅する心配がとりあえず無いのが嬉しい。笑

それから皆がやっていた、基本の歩き方「鶏歩」を教わる。ここの流派はこれに始まりこれに終わるんだそうだ。Footの中の体重移動など、色々お聴きする。できないけどイメージだけは何とかとらえる。

「鶏歩」は、蹴らない、はねない。腓腹筋で歩くって?腓腹筋主導の意識が脳回路の中に無い。。。凄い難しい。
先生の動きは、ホントに鶏のようだ。よく練られた動きは、洗練されていて美しい。見事な腓腹筋。柔軟な上半身。全身の一致。すご~い。すご~い。wwwww


人間を捨てて、動物だった頃の記憶を思い出して、さらに進化する。。。んだそうだ。
なんだか、バレエの身体の造り方に似ているなあと思った。
人間のままでは絶対に出来ない動き。それを少しずつ少しずつ別の生き物に作り変ていくのだ。バレエの場合は、重力から開放されて空を飛ぶ鳥に身体を作り変えて行くんだけど。
人間ってホントにスゴイって思う。wwwwww

身体の練り方も教えていただいたけど、難しいんですぐ出来る訳もないんで、凄いもん見せていただきましたって言う感じですね。あちこち鈍い場所や、固い場所に気付きました。

しかし、1回のお稽古で内臓脂肪が一気に減りそうな感じの身体の使い方。あっちこっち刺激が入った~。


tiger hawk先生、本当にどうもありがとうございました。大変勉強になりました。
道場の皆さんも、大変お世話になりました。有難うございました。楽しかったです。

せっかく棍の基本の使い方を教わったんで、練習しようっと。左側強化に棍の左右対称の動きは、すごく良さそうですね。しかしドコで練習するかが問題だ。


tiger hawk老師のblog↓
http://tigerhawk.exblog.jp/

2007年6月 6日 (水)

これって恋・・・?

・・・っていう位、朝からワクワク、そわそわ。

最近多少のことでは動じることの無いMちゃ♪なのですが。。。
すでにスポーツ心臓で、心拍数も多少じゃ上がらない。にもかかわらず、この思春期の乙女のような、心臓のドキドキってばぁぁ。。。
Mちゃ♪らしくないぞ!!しっかりしろ~!って自分に言い聞かせて、

行ってきました。実践武術道場「功○法」

どうせ、そんなこったろうよって、タイトルに騙されなかったあなた。
Mちゃ♪の事をよくわかってらっしゃるわね。うふふ。

新宿スポーツセンターの中の小会議室。恐る恐るのぞくと、10名くらいの男性と女性が1名。実践武術なんていうから、怖い人がいっぱいかとドキドキして行ったけど、結構武術初心者みたいな人も多かった。
T先生らしき人が、「体験の方ですよね。」と声を掛けてくれた。40才位のしっかりした身体つきの元気で明るい雰囲気の先生。ちょっとホッ。


靴を履いたままの稽古。
軽くストレッチをしてから、基本。ここの流派独特の重心移動と脚のさばきを教わる。
刃物で狙われた時に確実に中心をはずす重心の移動。
ひざを伸ばして引きを取らない実践の蹴り。などなど練習する。

大げさな動きは一切無く、シンプルな動きを身体に繰り返し覚えこませていく。T先生、教え方が上手だ。細かいポイントを確実に教えてくれる。


基本が終わったら、もう後はずっと実践のためのトレーニング。厚紙で作ったナイフを2人組になって、腹をさしてくるのを裁く練習をする。

Mちゃ♪は、黒帯の指導員の先生がペアについてくれたので、ラッキーでしたぁ。指導員の先生が、実践系の人っぽいある種のヤバイ「気」を持っている人で、対面してもらうのにリアリティーがあって、ベリ~ぐ~♪うふふ~。

つい空手の癖が出て、いわれたこと以外の身体の動きになってしまうと、腹を切り裂かれてしまう。。。
「すこし怖い目にあわないとね~。」にやりっと、なんちゃってナイフを片手に指導員の先生。(ほんとは、すごい親切にやさしく教えていただいたのですよ。)


そう何度も殺される訳にはいかないって集中するので、確実に重心移動が出来てくる。
刃物をさばいて、相手を3発殴って突き飛ばして逃げるまでを、繰り返し練習する。T先生も回ってきて、見てくれる。
結構できているからと言って、相手が頭を切りつけてくるバリエーションを教えてくれた。。「見る」ポイントも明確に教えてもらった。すごいっ。

中程度のスピードにしてやってくれてはいるけど、男性のスピードはやっぱり速いので目を鍛えるには良いです。防御に関して空手にも応用利きそうです。


完全に重心が上手く移動できると、面白いように勝手に相手の腕が取れる。
すご~い。おもしろ~い。たのしい。

たった1回の稽古で、正面からの刃物の攻撃は、確実にかわせるようになる。こういう稽古は、即効性があってうれしい。Mちゃ♪まさにこういう稽古がやりたかったの~。
非力な女性でも、実践武術って全然大丈夫なんだな~って実感です。

稽古日が、私が仕事で東京に居ないことが多いので、続けては出られないけど、時々でも行けたらいいなあ。


家に帰ってきてから、頭の中の普段と違う場所に刺激があったみたいで、脳みそにかなり疲労を感じました。疲れた。既に筋肉痛だし・・・。

目からウロコなことが一杯。今までの先入観から変えないといけない所もあるし。相手の観察と言う部分でも、見ているポイントが今までいかに甘かったのかって再認識しました。

2007年6月 1日 (金)

アーティストハッスル5/20の日記 ~part2~

★<part2:身体セミナー 夜の部 ~ アート(遊芸)編 >
時間  18:30~22:00
  荒井皆子  リズム感のバージョンUPのために~骨盤の操作~
  出口煌玲  連動体のための身体コア感覚開発・活性化メソッド。


2部アーティスト編は、場所を変えて桜新町区民集会所 大会議室。初めて借りるスペースだったんだけど、鏡もあって綺麗な良いスペースでした。


2部は、最初は、私のワークショップからスタート。
ダンサー、ヴォーカリストの方たちも沢山参加していただいているので、音楽サイドからのアプローチをしようと思い、今回はリズムトレーニング主体にしました。

5個のバルーン・イメージによる、基本の全身呼吸とウォーミングアップ。
1個のバルーンでの、骨盤の3方向の回転の確認と、脊柱の連動。
リズムの基本的な捉え方。重力とのかかわりと、波の乗り方。
聴覚に頼らないで五感で音を聴くこと。


ちょっと、言いたいことが多すぎて、一つずつの解説が中途半端だったかも。やることを1つ、2つに絞り込んだ方が良かったなと、反省してます。


バルーンの、武道系の応用は、バルーンの空気圧の変化で、身体のパーツごとの締めを自由に コントロールできるという代物。お魚の大群が一瞬にして方向転換するような動きをバルーンのイメージだけで可能にする便利なメソッドです。、身体の内側の細かいイメージ作業なので、ワークショップでは、紹介しづらいのが難点。武道系応用編にご興味のある方は、直接聞いてください。
今回は、前回に引き続き、大きなバルーンのみでウォーミングに使いました。

前回より、イメージできるようになっていたと言う方もいて、皆さんインナー感覚が、UPしているようです。


ダンス系の動きは、武道家さん達には、違和感あったかもですが、あえてやっていただきました。たまには、慣れていないことをやって、脳みそに巧緻性の刺激を入れて下さい。笑

腰椎L5が、動いていない人が多いので、感覚の無いところに意識を向けて、起こしていただきました。ホントは、脊椎全部一つずつ確認してもらって動きすぎているところ、全然動いていないところの確認をもっと丁寧にやりたかったんですけど。。。あわただしくてスミマセンでした。


音を五感で捉えるっていうのは、伝わったのかなあ。もう少し、丁寧な解説をしないと不親切だったかもですね。

休憩を挟んで、煌玲さんのワークショップ。

煌玲さんの動きは、ホントにしなやかで柔らかい。
腕の回外、回内、骨盤を閉じる、開く、から始まって、内側への締める外へ緩めて開放するを繰り返しながら呼吸との連動、自然な脊椎との連動、満遍なくほぐしていく身体の連動メソッド。身体に無理が無く、でも確実に身体の深部にアプローチしている。腸腰筋の意識と腹の中のひねりなど、非常に面白かったです。色々な要素がちりばめられていて、大変すばらしい。

腕の回外、回内に関しては、なかなかここまで丁寧に動かすことが無いので、気持ちよかったです。ありがとうございました。

残り時間は、質問タイムに当てましたが、時間があっという間でしたね。
腰に不調があるというもんちゃんのお友達のダンサーさんを、気功治療とパーソナルトレーニング技で調整。
ほんの10分くらいの治療だけど、腰が全然痛くなくなって、立った感じがすごく安定感があって全然違うと喜んでくれました。落ち着かないばたばたした所で、気功治療はどうしようかなあと思っていたのだけれど、こんなのでよければ、もう少し調子悪そうな人を治してあげればよかったですね。次の機会は、ぜひ。


参加していただいた皆さん、ホントに長時間お疲れさまでした~。
かなり疲れたんじゃないでしょうか。


それでは、みなさんありがとうございました。
私も、もっともっと研鑽積みたいと思います。又、お会いしましょう!


参加していただいた、フェルデンクライメソッドの指導者kanfuboy7さんの日記↓ http://kanfuboy7.blog61.fc2.com/blog-entry-94.html

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ