フォト

さくら

« スキーは初心者 | トップページ | スキー初心者による身体操作考察 »

2007年2月28日 (水)

最終日はぴーかん

ハードな4日間⑤
白馬八方尾根3日目

前日既にひどい筋肉痛でヘトヘトになって眠りについた。
と、同時に、目の前に白い絶壁が・・・。夢の中ですごいスピードで絶壁を滑り落ちる。必死でエッジを切りつつ、左右に体重移動。なんで夢の中でまで、練習せねばならんのだ~?と思いつつ、夢の中で、昼間やった事を完全に復習をさせられる。
誰がいったいこんな夢を見させるんだ?私の潜在意識は、絶対こんな夢見たくないって言ってるっ!

で、朝起きたら、スピードのコントロールがかなり出来るようになっていた。笑 しかしこんなのは、勘弁して欲しい。疲れる。。。


最終日は、雲ひとつ無い最高のお天気!すばらしい景色、穏やかで暖かく、まるで春スキーのようです。

この日は更に、山頂へ。。。昨日より更に上。
3日めになって、やっとスピードのコントロールが付く様になって来て、楽しくなってきた。スピードコントロールが出来るようになれば、斜面に対する恐怖感も少なくなってくる。力の抜きが少し出来るようになってきた。

身体が固まるということは、ようするにコントロールできない事への恐怖感なのだなあと思う。

さて、今日はどんなところを滑らなきゃいけないのかと、ドキドキ、ヒヤヒヤ。
全長5kmのオリンピックコースを一気に滑り降りる。Yさんが、すごく滑りやすいコースをナビゲーションしてくれて、皆に助けられながら、しばしば急斜面ですっ転びながら、必死ですべる。転び方も段々上手になって来た。笑
怖いには恐いんだけど、前日のような恐怖感は無い。お天気が良いので、遠いけど行き先が見えるのって、すごく安心する。Mちゃ♪、目的地行き先が見えないって言うのが、一番嫌いかも。

皆、待っていてくれるんだけど、Mちゃ♪がヘトヘトになりながら到着するとともに出発するので、Mちゃ♪は全然休めないのです。(TT)

スキーインストラクターの資格も持つドラムの二本柳氏は、教えてくれるのに、ず~~~っと狭い曲がりくねった林間コースを後ろ向きで、後ろも見ずに滑って降りていく。どうなっているんだ。ありえな~い。すごいです。


午後も又皆に交代で教えてもらいながら、上級者ばかりのグループにズタボロになりつつも、死にそうになりながらついていったのでした。とりあえず初日とは別人と言ってもらえるようになれて、やれやれ良かった良かった。


写真は、Mちゃ♪がこの日個人練習していた黒菱ゲレンデ。(上から取ったので斜面が見えないけど)
「黒菱」がMちゃ♪のホームゲレンデなのさっ!ふふっ。(●^^●)ゞ

スキーに関する、身体操作考察は、また改めて書きます。

« スキーは初心者 | トップページ | スキー初心者による身体操作考察 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スキーは初心者 | トップページ | スキー初心者による身体操作考察 »

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ