フォト

さくら

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

最終日はぴーかん

ハードな4日間⑤
白馬八方尾根3日目

前日既にひどい筋肉痛でヘトヘトになって眠りについた。
と、同時に、目の前に白い絶壁が・・・。夢の中ですごいスピードで絶壁を滑り落ちる。必死でエッジを切りつつ、左右に体重移動。なんで夢の中でまで、練習せねばならんのだ~?と思いつつ、夢の中で、昼間やった事を完全に復習をさせられる。
誰がいったいこんな夢を見させるんだ?私の潜在意識は、絶対こんな夢見たくないって言ってるっ!

で、朝起きたら、スピードのコントロールがかなり出来るようになっていた。笑 しかしこんなのは、勘弁して欲しい。疲れる。。。


最終日は、雲ひとつ無い最高のお天気!すばらしい景色、穏やかで暖かく、まるで春スキーのようです。

この日は更に、山頂へ。。。昨日より更に上。
3日めになって、やっとスピードのコントロールが付く様になって来て、楽しくなってきた。スピードコントロールが出来るようになれば、斜面に対する恐怖感も少なくなってくる。力の抜きが少し出来るようになってきた。

身体が固まるということは、ようするにコントロールできない事への恐怖感なのだなあと思う。

さて、今日はどんなところを滑らなきゃいけないのかと、ドキドキ、ヒヤヒヤ。
全長5kmのオリンピックコースを一気に滑り降りる。Yさんが、すごく滑りやすいコースをナビゲーションしてくれて、皆に助けられながら、しばしば急斜面ですっ転びながら、必死ですべる。転び方も段々上手になって来た。笑
怖いには恐いんだけど、前日のような恐怖感は無い。お天気が良いので、遠いけど行き先が見えるのって、すごく安心する。Mちゃ♪、目的地行き先が見えないって言うのが、一番嫌いかも。

皆、待っていてくれるんだけど、Mちゃ♪がヘトヘトになりながら到着するとともに出発するので、Mちゃ♪は全然休めないのです。(TT)

スキーインストラクターの資格も持つドラムの二本柳氏は、教えてくれるのに、ず~~~っと狭い曲がりくねった林間コースを後ろ向きで、後ろも見ずに滑って降りていく。どうなっているんだ。ありえな~い。すごいです。


午後も又皆に交代で教えてもらいながら、上級者ばかりのグループにズタボロになりつつも、死にそうになりながらついていったのでした。とりあえず初日とは別人と言ってもらえるようになれて、やれやれ良かった良かった。


写真は、Mちゃ♪がこの日個人練習していた黒菱ゲレンデ。(上から取ったので斜面が見えないけど)
「黒菱」がMちゃ♪のホームゲレンデなのさっ!ふふっ。(●^^●)ゞ

スキーに関する、身体操作考察は、また改めて書きます。

2007年2月26日 (月)

スキーは初心者

ハードな4日間④

白馬八方尾根二日目。山はガスっています。

麓でチマチマ遊んでいても上手くならんと言うことで、いくつかリフトを乗り継いで、山の中腹まで行くことに。なにしろ、初心者はMちゃ♪のみなので、ついていくだけで必死っ!スキーの扱いもママならない状態だし、長距離の急な斜面を移動するなどと言う身体操作の経験は、私の辞書には無かったことに気づく。こあい~~~。

梅さんと梅さんの奥さんのYさん、ドラムの二本柳氏、ベースの上野氏、調律のS氏が皆、交代で親切にすごく丁寧に教えてくれる。しかし何しろ霧がすごくて、行く先がどうなっているのか解らないって言うのが、恐ろしく怖い。何処から急になっているのかもわからない。山の中腹の斜面を2度ほど皆で滑ってくれてから、
「じゃあ、ここで練習しててね。」といって、皆更にや山頂の方へ行ってしまった。霧で周りは見えないし、斜面はかなり急だし、周りは上手い人しか滑ってないし。。。


霧の中、よく解らない斜面を一人で恐る恐る滑っていると、自分がまだまだ「視覚」に頼りすぎているんだなあと言うことが、よくわかる。あ゛~、もう少し、別の感覚を起こさねばだわ。


急斜面を、転がり落ちるという経験も、人生で初体験だな~。
手と足とスキーとストックが四方八方にバラバラ~。死ぬかと思った。。。身体が柔らかいおかげで、怪我だけはしないのよね。ありがたいことです。

泣きそうになりながら、リフトを何回か上っては、そこの斜面をすべる。

これって、オリンピックコースらしい。それでもゆっくり時間をかければ、Mちゃ♪でも降りられる。周りには上手い人しかいないので、ゆっくり滑っている分には、避けて行ってくれるので危なくないのだ。笑 初心者同士の接触のほうが怖いから、ある意味ここは安全な場所らしい。

午後は、又皆さんに一杯教わりつつ、死にそうになりながら後を付いていったのでした。(TT)


リゾートのつもりで来たのに、全然甘かった。「リゾート」ではなくて、
「リゾート地で合宿」なのでした。。。

2007年2月23日 (金)

■長野県八方Hotelビラ白馬■JAZZコンサート

ハードな4日間③  2月18日(日) 白馬へ来てまだ初日。

■長野県八方Hotelビラ白馬■JAZZコンサートでした。

福井ともみ(Piano)さん、上野哲郎(B)さん、二本柳守(Dr)さん、+Mちゃ♪

100万年ぶりのJAZZヴォーカルのお仕事。スキーと温泉に吊られて、思わず仕事を受けてしまいましたがホントに私で良いんでしょうか?笑 メンバーは皆さん、バリバリのモダンJAZZミュージシャン。(Mちゃ♪見たいなヘンタイ系とは、ちょっと流派(?)が違うので、今までお目にかかる機会が無かった)なのでお目にかかるのは、この日が初めてです。勿論お名前は、よく目にしている方々です。

まあ、自分の得意なことばかりやっていると、段々幅が狭くなってしまうので、今回はチャレンジチャレンジと言う気分。しかしたまに四分の四拍子を歌うと緊張するのだ。笑

スタンダードJAZZを普通に歌う。昔取った杵柄は多少あるにはあるが、やっぱり私が歌う以上ふつーに歌っても面白くないし、どうやってらしく歌うかなあなどと色々考えつつ。


Hotel Villa白馬 は、八方尾根のふもとにあるホテルです。やたら外人客が多いので、コンサートもなんだか日本じゃないみたいな感じ。

アンコールまでいただいて、楽しく歌わせていただきました~。スキャットやりすぎですかね。楽しかったです♪

本当にハードなのは、翌日からだということを、この時点ではまだ知る由も無く。。。

2007年2月21日 (水)

ハードな4日間②

エアジンライブか終わって、急いで家に帰りついたのが、12時半。

さあここから次の出かける準備。長野県八方尾根スキー場のホテルでJAZZのコンサートをして、そのまま二泊三日でスキーをするという企画。バタバタと支度をして、4時半にミュージシャンの車に便乗して、出発しました。コンサートは夜なので、午後出発すれば良いと思うのだけど、何しろ皆スキーのために仕事するというノリなので、早朝に出発なのです。

エアジン企画コンサート。一緒に行かれるのは、オーガナイザーのエアジンの梅さん、その奥さんのYさん(with 愛犬ハナちゃん)、バンドのピアノトリオのメンバー、ピアノの調律氏のS氏とそのご家族。みなさん、スキーのキャリアは長い上級者ばかりです。なので、スキーの初心者はMちゃ♪だけ。。。なので、あんまり皆さんの邪魔をしないようにしてますからということで受けた仕事でした。が・・・・甘かった。。。;;

夜コンサートもあることだし、到着したら仮眠するつもりでいたら、午前中からすぐにスキー。皆げんき。。。

インストラクターの国際ライセンスや全日本のライセンスを持っている人が何人もいるので、教わるのには事欠きません。皆、教え方もすごく上手です。基本的な事を一通り教えてもらってから、一番ふもとのゲレンデでMちゃ♪は一人で練習。Mちゃ♪、一人でマイペースに練習しているのも好きです。

雪山は美しいです。冬山の澄んだ「気」に、身も心も洗われるようです。一人でリフトに乗ってぼんやり。気持いい~。
こういうお仕事の企画に誘っていただかなかったら、一生スキーをする事も無かったでしょう。人生と出会いは不思議です。


温泉に浸かって、夜はコンサートです。メンバーは、この日初めてお会いした、ミュージシャンばかりです。

ハードな4日間①

ハードな4日間の初日は、
2月17日(土) エアジンのLIVEでした。

Mちゃ♪企画のLIVE、ピアノの板倉克行さんと、ベースの永塚博之さんとMちゃ♪のトリオライブ。それからアルトサックスの金剛さんが、飛び入りで参加。


完全即興LIVE。聴いてくれたお客さん達も皆さん、すごく楽しかったと言ってくださって、うれしかったです。

最近、色々なお客さんから、日本にいる気がしなかったと言う感想をいただきます。NYにいるような感じといってくれる人もいますが、それは勘違いです。(笑)Mちゃ♪の音楽は、もっと違う宇宙異空間に、皆をお連れしているのですよ。うふふっ♪


2007年2月 4日 (日)

<<即興三昧!>> Live@横浜

■2月17日(土) 関内エアジン  

   荒井皆子(Voice) 板倉克行(p) 永塚博之(W.Bass)

       【予約・問】045-641-9191
     神奈川県 横浜市 中区 住吉町5-60
      http://www.airegin.jp/
 【LIVE TIME】19:45~20:45/ 21:15~22:15
 [Music Charge] \2,500- + オーダー

~浸透する波動。うねる空間。宙を翔ける「メガ・ピクセル・ヴォイス」~


NYでもご活躍の大変すばらしいピアニスト板倉克行さん
&強力なセンスのウッドベーシスト永塚博之さんと共に。
面白いセッションになると思います。ぜひ聴きにいらして下さいね!


« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ