フォト

さくら

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

伊豆下田チェシャーキャット11/25Live

下田にあるチシャーキャットと言うJAZZ喫茶で、ピアノの板倉克行さんとDUOでLIVEでした。Mちゃ♪は、初めて行く店です。

70年代のサイケな色具合の不思議なお店。15人も入ったら一杯の小さな店です。マスターの庄田さんはボディービルダー体型のモヒカン刈りの、見た目は恐ろしく怪しいおやぢです。本人はトランペッターで、白塗り赤フンドシのパフォーマンスで世界中をストリートで渡り歩く。超あやしい。笑

彼の本質の健全さのせいか、70年代サイケな雰囲気なのに、不健康なやな感じは全くありません。看板娘にマリーと言うレトロな名前の猫が居ました。

1ステージは、板倉さんとMちゃ♪のDUOで演って、2ステージ目は庄田さんも参加、地元のアマチュアミュージシャンも入って、セッションの形になりました。庄田さんは普段から、地元の若いミュージシャン達に、「音楽って言うのは、こんなに自由で楽しいんだ。」って言うのを、身を持って教えているようです。

一昔前の日本のゆったりした自由で豊かな空間がこの店の中にはあって、マスターのあったかい人柄と、そこに寄り集まる人達に、Mちゃ♪もほこっと幸せな気分をもらったのでした。楽しかった。

2006年11月20日 (月)

エアジンLIVE♪<<即興>>11/18

エアジン企画LIVE。サンディエゴ在住のミュージシャン、マルコ・フェルナンデス2DAYSの2日め。
初組み合わせセッションでした。マルコとは丁度1年ぶりの再会です。パーカッショニストのサム・ベネットさんとギターのの今井和雄さんは、初めてお目にかかります。日本のフリーの世界では、どちらも良く知られた方達です。

全員フル装備なので、ステージ上がおもちゃ箱をひっくり返したみたいに、偉くにぎやかでした。笑
皆ふつーぢゃない人達なので(笑)、すごく楽しかった。マルコはスネアの大きなの見たいなタイコとなべの蓋。電気音も使うのだけれど、基本的にはアコースティックな感性の人です。足元に小物が色々。この人の音は、暖かさがあって私はとっても好きです。今井さんは、ギターを弓で弾いちゃったり、チュッパチャップスみたいなかわいい珠の突いたスティックで、弦をこすっちゃったりと、やっぱりこの人もふつーじゃない。。。サムさんは、色とりどりのおもちゃがいっぱい。アイデアの宝庫みたいなサウンドで、ビックリがいっぱい。お菓子の缶で音に響きをつけたり、お惣菜入れるプラスチックのケースをパリパリパリパリ~とか、「ワスレチャッタ~!」と突然意味不明の日本語が飛び出したりと、シュールです。でも絶妙のセンス。面白かった。
こう書くと、なんだか怪しげな色物バンドみたいだけど、基本的な演奏力のレベルが高い人たちばかりなので、全くいかがわしくならないのがすばらしいです。笑

Mちゃ♪は、ミュージシャンと波動をあわせること、意図的にあわせないこと、そして聴いている人に届けることを意識して、演奏しました。以前とは、又音楽に乗せられるものが変わってきているように感じます。一年ぶりに聴いてくれた人が、ヴォイスが変わった、すごく良かったと言ってくれました。やっぱり、変化は確実に伝わっている。。。実際のところ技術面では大した差は無いはずなんだけどね。

確実な変化の手ごたえと、新しい出会いが沢山。楽しいLIVEでした。(^ ^)

2006年11月16日 (木)

ぺ三さん稽古~武術編~

11月5日の日記。ちょっと溜めすぎ;;

ぺ三さんは、Mちゃ♪の数少ない仙人友達です。 ストイックな修行僧みたいな人です。
今までは整体でメンテナンスをしてもらうついでに、武道のアドヴァイスをちょこちょこっとしてもらってました。で、今回初めて、広いスペースを借りて、稽古をつけてもらうことに。

マンツーマンの稽古は、グループレッスンの20回分にも相当すると思うな。
いままで、使った事のない神経と感覚を山ほど使って、ヘトヘト。
ぺ三さんのソフトなキャラクターゆえに、そんなに動いた感覚は無いのにも関わらず、ものすごい疲労感です。

あ゛~、内容濃すぎ。

武術に関しては、私の数ある全日本クラスの知り合いの武道家の先生方の中でも、ダントツのマニアックさです。少林拳だけでなく、あらゆる色々な武術を幅広く網羅していて、いったい何時何処で習ったんだろうって言う感じ。骨の髄からの、実践武道家さんです。一見小柄な気弱そうに見えるにーさんなので、素人さんが見たらパッと見、全く強そうに見えない。笑

区のとある運動室。

「さあて、なにやりますかね~。何かやりたいことありますかぁ?」ってな感じで始まる。

一個質問すると、20個くらいズドドドっと帰ってくるのでスゴイ。ていうか、マニアックすぎる。;;

剣術、杖、合気道、柔道の技も色々おそわる。空手の試合で、審判にばれない、使える合気道の決め技とか、実践系のあんなことそんなこと。なかなかヒトデナシな技の数々。試合で反則が更に増えたらどうしよう。うひっ。

Mちゃ♪は、防御がヘタクソなので、弱い部分を強化してもらう。

ぺ三さんが攻撃してくれるのを、受けていくんだけど、あっという間に、追い詰められる。足の使い方、下半身でさばくということを、何回も何回も受けて、慣らしていく。

私は、突きに気が行き過ぎていて、足の使い方が悪すぎてた。足の動きの意識が、無さすぎだ~。身体の練りも足らなさ過ぎ。


ぺ三さんの戦い方は、不思議だ。相手を精神的に殺いでゆく。一人の中に人格が何人いるか解らないような戦い方をする。誰が出てくるのか解んないので、すごく相手はいやだ。見ていると方向感覚を失わされそうになるし。そういえば以前初めて、この足の動きを見た時に、船酔い状態で、その夜悪夢にうなされた。笑

剣の基本的な使い方と、少林拳の基礎を少し教わる位のつもりでいたんだけど、全然実践系でしたね。笑

ぺ三さんが、マンツーマンでつい目一杯やってしまうと、教えた人が翌日、熱出しちゃったりするらしいので、そうとう抑えてやってくれたんだけど、それでも疲労度120%。濃かった~。

とりあえず、翌日は熱出てないし。一杯当たって打身の痛さは有るけど、青アザは一つもない。スゴイ、これもコントロールしてるのかな?

勉強になりました。というか、情報量多すぎで、アップアップ溺死寸前です。ははっ;
面白かった~!

2006年11月 5日 (日)

■横浜エアジン■11/18 LIVE Info.<<即興>>

LIVEのお知らせです!
■横浜エアジン■11月18日(土)

マルコ・フェルナンド(Computer/from サンディエゴ)
サム・ベネット(Computer)
今井和男(G)
荒井皆子(Voice)  
   <<即興>>
神奈川県 横浜市 中区 住吉町5-60
 【予約・問】045-641-9191
 【LIVE TIME】19:45~20:45/ 21:15~22:15
  http://www.angel.ne.jp/~air-gin
 [Music Charge] \2,500- + オーダー 

昨年一緒に演奏しましたマルコが久しぶりに来日します。電気系の音も、
とてもナチュラル・サウンドにしてしまう
パーカッショニスト。なべの蓋も叩く、ジェントルマンです。
http://www.accretions.com/

サム・ベネットさんは、今回初めて演奏します。電機系の面白い音を一杯使う人らしい。
http://www.japanimprov.com/sbennett/sbennettj/index.html

今井和雄さんも今回、初めてご一緒します。
http://www.japanimprov.com/kimai/kimaij/index.html
お名前はよく存じていますが、お会いした事がないです。

一期一会初組み合わせ、即興ライブ。楽しみです。
面白くなると思います。ぜひいらしてください。

2006年11月 1日 (水)

ヴォイストレーニングの生徒

最近プロの人が多い。。。

昨日初めてレッスンにいらした生徒は、FMのアナウンサーさん。キャリア10年と言う方だ。発声が出来ていないのが自分でわかるし、表現力ももっとあげたいと言う理由で来られた。

それなりのキャリアがあると、日々仕事にも追われるし、基礎の見直しをしようなんて思わない人が多いのに、そういう姿勢が偉いなあ。


全身のメンテナンスと呼吸のトレーニングに、半分以上の時間をかけて、声質そのものの改善をしていく。しかしプロの人の場合、あした仕事場ですぐ使えて効果が実感できる技や理論も教えないといけないので、朗読で実際の表現力UP技の練習をしてもらう。呼吸法と発声は良いとして、表現力トレーニングが、彼女の需要に合うかどうか、心配だったが、満足してくれたようで、よかった良かった。


その人の自己実現をサポートするお仕事。なので、生徒ごとにやっていることが、全く違う。際限なく、カバー範囲が広がって来ているけど、この先どこまで行くのやら。色々な人と出会えて、私は楽しいですが。

変わったところだと、鍼灸の先生が呼吸法を習いに来てたりするし。ポリープ直しに来ている人もいるし、精神性の嗄声直しに来ている人もいるし、顎関節症直しに来てる人もいるし。。。勿論プロ、アマのヴォーカリストも勿論いるし、タレント、声優志望、役者さん etc...歌でなく、声や言葉の表現力のトレーニング主体の人もいる。必要のある人には、譜面の書き方や音楽理論も教えるし、実際のステージ上でのアドヴァイスもする。

精神性の嗄声とかひどい顎関節症の場合、うつ病とか、パニック障害とか、精神的な問題から来ている場合もあったりするので、そんなのも直しているし。

ヴォイストレーニングはやりたいんだけど、何処へ行ったらいいか分からないって人が、皆ウチに来ているって感じがするな。笑

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ