フォト

さくら

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月28日 (土)

サラ・テ・ロロコさんのライヴ

LIVE活動をしているヴォイストレーニングの生徒の演奏を、聴きに行ってきました。

渋谷のとあるライヴハウス。ロロコさんは、ギターの弾き語りSOLOでオリジナルの曲を
演奏している。レッスンで、彼女のオリジナル曲のレッスンも大分やってきたので、実際
LIVEで1ステージ通した時どうなるのかなと言うのも楽しみでした。

ロロコさんがご招待で入れてくれて、ドリンク買って席に着く。

いや~、生徒のLIVEって、参観日の母のような気分で、ぢぶんが演奏するより、緊張
するのだ~。;;ドキドキ。

ロロコさんの詞と曲は、独特の世界観が有って、とても面白いです。ちょっと棘と影のある詞の世界がGOODです。ナチュラルでよい空気感を創っていましたね。

アマチュアやインディーズ系のバンドのイベントなので、他のバンドの演奏も少し聞きましたが、基礎をちゃんとやっているかやっていないかで、演奏レベルの差がおそろしく大きいです。

アマチュアのバンドにとって、30分40分と言う時間を、お客さんを引き付けて聴かせると言うのはなかなか大変な事なんだなあ。と言う訳で、途中で帰るのは悪いと思いながらも、私の耳が限界に絶え切れず(笑)、トリのバンドの2曲目が終わったところで、ギブアップして、ロロコさんに別れを告げて帰ってきたのでした。

参観日の母のひいき目ではなく、ロロコさん良かったですよ。
今度レッスンに来たら、ダメ出し入るけどね。ふふっ。

2006年10月25日 (水)

平和 ~10/18LIVE日記~

日記書くこと一杯なんだけど、溜めてますね~。


18日は長野県飯田キャンバスのLIVEでした。絵夢茶FANTASY LIVE。
メンバーのスケジュールがうまく合わず、ちょっと久しぶりです。

現地集合で、セッティング&リハ。今回はトリオ。スガ ダイロー君と岡部洋一さん。いつもやっている曲も、彼らにかかると毎回違う曲のようでおそろしく新鮮に感じます。さすがですね。

当然ながら、リハやっても、本番全然違うし。。。Mちゃ♪編曲の「My Favorite Things」。リハでテンポがかなり速かったので、ゆっくり目でお願いって言ったら、本番すご~くゆっくりで、全く別の曲みたいになりました。どっちも面白かったので、本番しかお聞かせできないのが惜しい感じ。笑

ダイロー君のピアノは、面白い。不敵で強気なキャラ&ぶっ飛びピアノ。すごいです。
おかべ~なさんの楽器のセッティングは、毎回全く違う。今回は何?と毎回たずねる。同じセッティングだったのを見たこと無いからスゴイ。ジャンベとシンバルやベル類、ひょうたん付きのカリンバ等のほか、今回はデジタル機材が一杯。どこから出てるのか解らない音が一杯で、Mちゃ♪は不思議がりながら、演奏していました。笑

Mちゃ♪は、ハーモナイザーとディレイをちょっと使います。

このバンドは、Mちゃ♪の作曲、編曲の曲をやっているバンドですが、この日は即興を1曲混ぜました。何も決めないのも芸が無いので、来てくれたお客さんから「お題」をもらってやることに。
何かお題をくださいとお願いしたら、突然「平和っ」てワードが出た。いきなり難しい「お題」が来ますね。。。やるって言っちゃったんで、しょうがない。
「ぢゃ、それで演りますか。」って、スタート。最初は混沌とした音の戦いで始まる。おかべ~なさんの音が、さらに戦争を増大させる。おかべ~なeさんのイメージ力が、ホントに凄くて、かなり恐かった。その混沌を切り裂くつもりで、美しい強いメロディーで間に割って入るのだが、かき消されるように埋もれる。
なんかリアルに恐くて、演奏していて泣きそうになっちゃった。。。段々と美しいメロディーに、周りの混沌と争いが収束されて行って、平和な静かな世界が訪れたのでした。

お客さんたちは、すごく良かったって言ってくれたのだけれど、ちょっと複雑な気分になった。
「平和」を表現するのに、結局対極である「戦い」を対比として置かなければならないのかって。。。平らで和んでいる状態だけだと、そのありがたみは伝わらないのか。。。なんかリアルで辛いね。

お題をもらってフリーをやるっていうのは、初めての試みだったので、新鮮でした。ダイロー君やおかべ~なさんの、又違う一面を垣間見せてもらった感じもあり、面白かった。


Mちゃ♪の曲「かるいきびんなこねこなんびきいるか?」を2ステージめのラストに。

アンコールもいただいて、花束一杯いただいて、楽しくこの日のLIVEを終えたのでした。


聴いてくださった皆さん、どうもありがとうございました。
キャンバスの桑G、スタッフの皆、どうもありがとう。お疲れ様でした。

2006年10月17日 (火)

長野県飯田CANVAS LIVE Info.10/18


長野県でLIVEやります。お近くの方は、ぜひ聴きにいらしてください。

■CANVAS ■10月18日(水)

【絵夢茶FANTASY】trio ~荒井皆子GROUP~
荒井皆子(Voice) スガダイロー(Piano) 岡部洋一(Percussion)

長野県飯田市知久町2-1
TEL 0265-52-3620
http://www.mis.janis.or.jp/~canvas/
p.m.8:00~   前売り\3,500- 当日\4,000-
~浸透する波動~

あらゆるジャンルを飛び回り、縦横無尽のインタープレイを繰り広げます!
あなたの脳みそを心地よく攪拌します。
Mちゃ♪の作・編曲でおおくりする、コンテンポラリー・バンド。


2006年10月 3日 (火)

曼荼羅のマリア~ヴォーカルとコンピューターのための~

9/30、洗足学園音大のコンサート。
現代音楽の作曲家さんである河内琢夫さんの、本邦初演の曲「マンダラのマリア」を演奏させていただきました。

<ヴォイス・パフォーマンスとコンピューター、サンプリングで制作した音響が奏でる
西も東もない大陸の子宮へと至る音の巡礼> 
面白かった。

即興で任されている部分が多いので、作曲家さんのイメージに即した演奏が出来たかどうかわかりませんが、私なりに曲を解釈したつもりです。

洗足学園のホールは、500人位収容の小ホールで、気持ちよく演奏させていただきました。この位のキャパのホールが、Mちゃ♪は一番好きです。ホールの隅々まで、自分の声の波動が行き渡っているのが、確かに感じられてとても演奏しやすいのです。今回、声の波動の粒子が自分でよく見えてた感じがしました。

コンピューター、トラブルもあって、なかなかハラハラもしましたが、演奏自体は気持ちよく歌わせていただきました。
電気系の音楽には多々付物のトラブルなので、それはそれで何とかするしかない。ま、良くあることって事で。。笑

調性有りだったり、無しだったり、ジャズフィーリングの声と、クラシック系の声も両方混ぜつつ、とりあえずMちゃ♪らしさも、なんとか出せたかなあ。
色々な要素が詰まっている曲なので、聴いている人は楽しかったのではないかと思います。作曲家さんの意向で「ホーミーみたいな声だせる?」とか、「読経みたいな雰囲気で。」とかって要求にこたえて、「あいよ~。」と何でもやる。笑 
パフォーマンス的な演技力みたいな要素も少し要求されたので、めったにやらないので面白がって、成りきって一杯踊っちゃいました。笑 
音の嵐や波間の中で、天に向けて指差して立っていると、指一本で、海をホントに真っ二つに分けているような不思議な気分になりました。完全に何かが降りてくる・・・。

Mちゃ♪以外は、みなさんクラシック畑の方々と言うコンサートでしたので、どう受け入れられるのか心配していましたが、クラシック・サイドの方々、JAZZサイドの方々双方から、絶賛していただけて、やれやれほっとしています。


私は、この5年ほど、「音楽の本質」と言うことにこだわって演奏してきました。何が人の心に伝わるのか。
プロである以上、「技術」は必要だけど、「技術」は良い音楽に必要な絶対要素ではありません。プロのミュージシャンにとって、技術はあって当たり前のモノであるだけで、「音楽の本質」は他にあるのです。

最近、やっと声に納得できる「心と身体に浸透する波動」と「愛」を乗せられる様になってきた感じがします。


「絵の見える色彩の音楽」、そして「からだと心に浸透する波動」というのが、まさに私の心がけている音楽なので、 聴いてくれた人達から「映像が浮かんだ。」「癒された」と言う感想を沢山いただけたのが、何より嬉しかったのでした。


今回、貴重な機会をいただきまして、ステキな曲を歌わせていただきました河内琢夫さん、どうもありがとうございました。 マニュピレーターの小室さん、松田さん、スタッフの皆さん、お疲れ様でした!!

聴きに来てくれた皆さん、どうもありがとうございました!

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ