フォト

さくら

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月24日 (水)

エアジン LIVEでした~♪

ピアノの板倉克行さんと、ドラムの大沼史朗さんと、即興トリオでした。
毎回新鮮で楽しい~。美しく、かつハードでした。

板倉さんは、酔っ払いなじーさんだけど、ホントにすばらしいピアニストです。日本だとあまり知られていないけど、NYでの方が有名だったりする。少年のハートをもつ、ステキなじっちゃんです。くぅぅ。いいんだ、このピアノが。

大沼さんは、トガリまくってるシャープでかっこいいドラム。Mちゃ♪とは、持っているタイム感とかエッジ感が、凄くにているので、放っておいても勝手に呼吸が合ってしまう感じ。とんでもないハードなドラマーなんだけど、私的には凄く一緒に演りやすい人です。

板倉さんと一緒に演奏する時は、いつも即興演奏の間に1曲だけスタンダードナンバーのテーマを入れ込む。だけれど、ステージの間のどこで来るかは解らないので、なかなかスリリングだ。今日は「Spring is here」を入れてみました。当然ながらふつーにはなるはずも無く。ふつふっふっ。たのすぃ~。

今日は、めずらしくメロディックで美しい部分も沢山あって、
新鮮でした。勿論まだ行くのかって位盛り上がる格闘技系もトコトンやり倒しました。笑

聴きに来ていた生徒が、「私の知っている限りのバンドの中で、最もハードでした。;;」と言っていた。
そりゃそうだろうとも。笑

生徒「これだけ、皆好き勝手に大音量でやり倒してるのに、全然うるささを感じないのは、なんでですか?ピークの設定があるんですか?」 
Mちゃ♪「ピークを決めたりしないけど、音楽に対する美学はあるよ。コントロールされていない騒音を撒き散らすのとは、全く違うものだからね。自分が聴いて心地よいと感じる音楽をいつも創っているのよ。」

あとトリックもあるのよね。大音量に聴こえさせているだけって言う。人間の耳は、相対的に音を聴いているわけで、実際のデシベルで音の大小を聞き分けているわけぢゃないのよね。相対音による技です。(^^)
勿論、演っている時は、そんな技術的なことは考えてはいませんけど。技術的なことはもう全部無意識に任せています。

聴いてくださった皆さんに、すごく楽しかったと言っていただけて、良かったです。私も、良い空間が共有できて、うれしかった。(^^)


2006年5月22日 (月)

横浜エアジン~即興LIVE~のお知らせ

怒涛の完全即興LIVE!!ぜひお越しください。

■横浜エアジン■5月23日(火)
荒井皆子(Voice) 板倉克行(P) 大沼志朗(Dr)

神奈川県 横浜市 中区 住吉町5-60
【予約・問】045-641-9191
【LIVE TIME】19:45~20:45/ 21:15~22:15
http://www.angel.ne.jp/~air-gin
[Music Charge] \2,300- + オーダー


★解剖学・運動生理学をバックボーンに、「声」の可能性を広げ続ける
「メガ・ピクセル・ヴォイス」荒井皆子
★日本とNYを行き来し演奏活動 を続けるパワフル・ピアニスト板倉克行
★「渋さ知らず」「フェダイン」 でもおなじみ、シャープなドラミングが心地良い
 大沼志朗★による、【ハイテンション即興UNIT】 

脳ミソスッキリ気持ちいいよ。来てね~♪

2006年5月14日 (日)

ヴォイストレーニングの話

Mちゃ♪は、ヴォイストレーナーという仕事もしています。生徒には、あらゆるジャンルの音楽を志す人達がいます。プロのJAZZシンガーもいれば、ハードロックのヴォーカリスト、弾き語りのシンガーソングライターもいれば、音大生や音大の卒業生などもいます。タレント志望もいれば、俳優さんやフリーのアナウンサーさんと、プロ、アマ取り混ぜて、ジャンル関係なしで色々な人がレッスンにやってきます。最近は、喉の障害で声が出づらいとか声を出そうとすると息苦しいといった、故障を抱えた人達も沢山来ます。

目的も年齢も性別もまちまちな人々の、共通にある問題点。これは多くの現代人に共通する問題なのですが、身体機能がとんでもなく衰えてしまっていると言う事です。これで歌をうたおうったって無理に決まっていると言う状態にみんないることに、全く気づいていません。そんなガタガタの状態で、どれだけ一生懸命練習しても、大して努力は報われず、くたびれもうけ。なにもしなかったほうがまだ良いような練習を積み重ねて、わざわざ自分でムダに身体を痛めつけて行くという人があまりに多いのです。

よそのスクールへ行っていたけど全然上手くならなかったという人や、沢山の有名な先生を転々としているにもかかわらず、全然上手くならなかったというヴォイストレーナー・ジプシーと呼ばれる人達も、沢山やってきます。やっとここで落ち着きましたって言う生徒も少なくありません。
ゆがんだ土台の上にいくら家を建てようとしても、どこかでゆがんだり、倒れたりします。一生懸命家を建ててもすべて労力は無駄ってことです。確実な土台をしっかり作ったなら、いくらでも高い塔も建てられるわけです。多くの先生方も、決して間違ったことを教えているわけではないでしょう。でも多くの先生が、土台はあるのが前提として、家の建て方だけを教えているのです。何もしない状態での基礎体力が、それでもまだあった一昔前だったら、それでも良かったのかもしれません。しかし人々の基本的な身体能力が、一昔前と比べて、とんでもなく衰えてしまっている現在、過去のやり方で上達できる人は、大変数少なくなってきています。いくらきれいに表面だけ整えたって、震度5で崩れ去るようでは、時間と労力の無駄です。

そんなわけで、Mちゃ♪のレッスンは、歌う前の身体の状態をまず良くするところから始まります。ちゃんと立つこと、歩くこと、呼吸をすること。人が生きていくために必要な事の一番最初のところから、やり直すのです。みんなが当たり前にやっている「立つこと」「呼吸をすること」。出来ていると思っていて、実はちゃんと出来ている人はほとんどいないのが現実なのです。歌の上達って言う所から、なんだか恐ろしく遠い事をやっているように感じる人もいるかもしれません。でもこれが、実は上達のための最短距離なのです。本当に高い塔を建てたい人のための、基礎工事をしています。それに目的は、歌の上達なのですが、皆体調も改善しますし、スタイルも別人のように良くなります。みんなどんどんステキにしなやかに前向きになっていきます。実際に声がどんどん変わっていくので、最初半信半疑だった人たちも、結果で納得します。

歌を歌うって、人がよりよく生きていくための、必要不可欠な要素が全部詰まっていると思います。どんどんすてきな人が増えていくのを、手伝えるのは、とてもとっても楽しい事だと思っています。(^^)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ