フォト

さくら

« 新宿ピットインLIVEのお知らせ. | トップページ | ヴォイストレーニングの話 »

2006年4月24日 (月)

股関節

疲れて神経が張っていたので、リラックスさせるために、駒沢公園までジョギングに出かけた。股関節の使い方を、少し勘違いしていたみたいなので、走り方を変えてみた。少しつま先を外向きに股関節の意識を先行して走る。股関節の外旋と内旋の繰り返しによるターンオーバーによる走り。これだけで、内転筋と大腿二頭筋をきっちり使っている実感が出てくる。慣れていない股関節の動きなのに、以前よりスムーズに動くのが分かる。つま先で蹴らないで、踵を押す力で前に推進するようにすると、あららら、速い。仙骨がマリオネットのように吊られてスーーっと移動するみたいだ。膝の力も勝手に抜ける。

ずっと空手のO先生に、腿の前の力を抜いて、後ろ側を使えと言われ続けて、でもどうやっても大腿二頭筋に力が入らなくて、ケリのスピードが上がらなかった。中国拳法のP先生には、足の後ろの力のかかっている位置が、前過ぎるからもう1cm後ろにと言われていて、なんでそんなことが分かるの??って思っていたんだけど、やっと分かりました。私は、足の指と拇指球を使うことにこだわりすぎていたのでした。


長年刷り込まれてきた間違った体育教育との終わり無き戦いって感じがするなあ。進行方向に対して、つま先は真っ直ぐ前なんだとばっかり思い込んでいた。

股関節はかなり意識的にちゃんと使って来ていたつもりだったんだけど。生徒にだって長いこと「股関節の位置を正しく保て。イチローと朝青龍がお手本ぢゃ~!」って言い続けてきた。私自身がまだ甘かったと言うことに気づく・・・。ショックだなあ、これって。

走ると気づくことが多い。しばらくサボっていたけど、大分あったかくなってきたので、又ジョギングしようっと。


しかし・・・スピード上げても全然疲れない。カロリー使わないんで、せっかく走っても、これぢゃ痩せないぢゃん。(--) ダイエットに、ならん。。。

« 新宿ピットインLIVEのお知らせ. | トップページ | ヴォイストレーニングの話 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124204/9747588

この記事へのトラックバック一覧です: 股関節:

« 新宿ピットインLIVEのお知らせ. | トップページ | ヴォイストレーニングの話 »

DVD

月齢

<逸脱の天海 丸腰の地籟 うず>2015年6月1日

  • Uzu20150601_umemotophoto_06
    荒井皆子(Voice)×木村由(Dance) LIVE@横濱エアジン

New York  2009.7-8月

  • 090730_angelos_group
    ニューヨークにあるインターナショナル現代アート団体の企画に呼んでいただきました。世界、11ヵ国から集まった、14名の強力ミュージシャン達との音楽三昧の日々。ニューヨークでの2回のコンサートも、大変好評に終えることが出来ました。ホントに密度の濃い素晴らしい、経験を沢山させてもらいました。
無料ブログはココログ